2019年度の試験に完全対応!第二種電気工事士の筆記試験に合格する勉強方法や技能試験にお勧めの工具・器具のまとめはコチラ!

【図解】2019年度 第二種電気工事士 候補問題No.9 複線図の書き方解説

複線図の書き方【図解】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、平成30年度(2018年度)の第二種電気工事士 技能試験の候補問題No.9の複線図の書き方を解説しています!

平成30年度(2018年度)技能試験 候補問題No.9 単線図

単線図から読み取れること

電源および接地極付コンセントからジョイントボックスまでの電線は丸型2.0mm2心を使用する。ボックス内の接続をリングスリーブで行うように指示された場合はサイズに注意しましょう。

・「イ」のスイッチで「イ」のランプレセプタクル引掛シーリング(丸型)同時に点灯させる

・右上の2口埋込連用コンセント施工省略

接地極付コンセントからの接地線の先は施工省略

使用する器具一覧

  • ランプレセプタクル
  • 引掛けシーリング(丸型)
  • ジョイントボックス
  • 接地極付埋込連用コンセント
  • スイッチ

単線図から複線図を書く手順

単線図を基に、以下の手順で複線図を書いていきます。

  1. 配線図と同じ場所に器具を配置する
  2. 電源の接地側(白)と器具(コンセント・電灯)をつなぐ
  3. 電源の非接地側(黒)と器具(コンセント・スイッチ)をつなぐ
  4. スイッチと電灯をつなぐ
  5. 電線の色やリングスリーブの刻印などの注意事項を書く

それでは、手順に従って複線図を書いてみましょう!

1. 配線図と同じ場所に器具を配置する

まずは単線図を基に、下図のように使用する器具を全て配置します。

スイッチと対応する器具が分かるよう、「イ」の記号を入力します。

2. 電源の接地側(白)と器具(コンセント・電灯)をつなぐ

電源の接地側(白)の電線を電灯(器具)とコンセントに繋ぎます。

接地極付コンセントからの接地線も同時に描いておきましょう。

電線同士を接続する箇所は、あとで見直してひと目で分かるよう黒丸「」などの印を付けましょう。

3. 電源の非接地側(黒)と器具(コンセント・スイッチ)をつなぐ

電源の非接地側(黒)器具(コンセント・スイッチ)をつなぎます。

4. スイッチと電灯をつなぐ

スイッチ「イ」から器具「イ」のランプレセプタクルへ、

またスイッチ「イ」から器具「イ」の引掛シーリング(丸型)へ電線をつなぎます。

5. 電線の色やリングスリーブを使用する場合の注意事項を書く

電線の色を書きます。白をW、黒をB、赤をR、緑はGと表記しています。

電線の太さは、1.6mmの箇所は何も記載せず、2.0mmの箇所は「2.0」と表示しています。

1.6mmの電線と2.0mmの電線を接続する箇所のリングスリーブのサイズ・刻印には注意しましょう。

リングスリーブは”使用する場合”を想定して記載しています。差込形コネクタが指定される場合もありますので、必ず施工条件をよく読んで施工しましょう!

本候補問題のように、ジョイントボックスやアウトレットボックスを2個用いる場合は、どちらかのボックスがリンスグリーブもう片方が差込形コネクタを指定されます。

参考までに、電線の組み合わせと使用するリングスリーブのサイズおよび圧着マークをまとめました。
電線の太さと本数リングスリーブのサイズ圧着マーク
1.6mm 2本
1.6mm 3~4本
2.0mm 1本 + 1.6mm 1~2本
2.0mm 1本 + 1.6mm 3~5本
2.0mm 2本
2.0mm 2本 + 1.6mm 1~3本
電気工事士技能試験でリングスリーブを使用する場合、この表の6つの組み合わせからしか出題されません。
技能試験で「大」サイズを使用することはありませんので、これら6つの組み合わせだけを覚えておきましょう! [ad]

複線図完成!

これで平成30年度技能試験 候補問題No.9の複線図完成です!

この完成した複線図は高解像度の画像にリンクしていますので、もしお役に立つのであればリンク先をダウンロードしてご利用ください。

画像をクリックすると高解像度の複線図が開きます。

第二種電気工事士技能試験の試験時間は40分と短いため、複線図を書くことに時間をかけてしまうと施工が間に合わなかったり、焦って欠陥を発生させてしまいます。

長くても5分以内、できれば2,3分程度で、問題用紙の片隅にささっと書けるように練習しておきましょう。

慣れない複線図を書くことは最初は難しいですが、反復練習を行ううちに理解できるようになりますので、根気よく練習しましょう!

2019年度(平成31年度) 第二種電気工事士 徹底解説!

第二種電気工事士に合格するために必要な知識・準備するもの等の情報は以下の記事に全て詰まっていますので、初めての方は是非ご一読ください!