【図解】平成30年度 第二種電気工事士 候補問題No.8-A 複線図の書き方解説

平成30年度 複線図の書き方

この記事では、平成30年度(2018年度)の第二種電気工事士 技能試験の候補問題No.8(パターンA)の複線図の書き方を解説しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パターンAとは?

平成30年度(2018年度)の第二種電気工事士 技能試験の候補問題No.8の単線図は以下の通りです。

(図中の赤丸は僕が入れたものです)

事前に公表される候補問題には施工条件が記載されていません。

候補問題No.8においては、赤丸で示しているアウトレットボックスと端子台の間電線が3本で施工するよう出題されるパターンと、2本で施工するよう出題されるパターンがあります。

本ブログでは、電線3本で施工するパターンをパターンA電線2本で施工するパターンをパターンBとして、それぞれのパターンの複線図の書き方を紹介しています。

この記事では、電線3本で施工するパターンAの複線図の書き方を紹介します。

平成30年度(2018年度)技能試験 候補問題No.8 単線図

単線図から読み取れること

・施工図の左の方はごちゃごちゃして難しそうに見えますが、施工省略なので難しく考えなくて良いです。

・電源からアウトレットボックスまでの電線は丸型2.0mm2心を使用する

・「イ」「ロ」「ハ」のスイッチを操作するためのリモコンリレーは端子台で代用する

・「イ」のリモコンリレーで「イ」の引掛シーリング(丸型)を点灯させる

・「ロ」のリモコンリレーで「ロ」のランプレセプタクルを点灯させる

・「ハ」のリモコンリレーで「ハ」の引掛シーリング(角型)を点灯させる(器具施工省略)

使用する器具一覧

  • 端子台(6端子:リモコンリレーの代用)
  • ランプレセプタクル
  • 引掛けシーリング(丸型)
  • アウトレットボックス

単線図から複線図を書く手順

単線図を基に、以下の手順で複線図を書いていきます。

  1. 配線図と同じ場所に器具を配置する
  2. 電源の接地側(白)と電灯(器具)をつなぐ
  3. 電源の非接地側(黒)とリモコンリレー(端子台)をつなぐ
  4. リモコンリレー(端子台)と電灯(器具)をつなぐ
  5. 電線の色やリングスリーブの刻印などの注意事項を書く

それでは、手順に従って複線図を書いてみましょう!

1. 配線図と同じ場所に器具を配置する

まずは単線図を基に、下図のように使用する器具を全て配置します。

スイッチと対応する器具が分かるよう、「イ」「ロ」「ハ」の記号を入力します。

2. 電源の接地側(白)と電灯(器具)をつなぐ

電源の接地側(白)の電線を電灯(器具)に繋ぎます。

電線同士を接続する箇所は、あとで見直してひと目で分かるよう黒丸「」などの印を付けましょう。

3. 電源の非接地側(黒)とリモコンリレー(端子台)をつなぐ

電源の非接地側(黒)リモコンリレー(端子台)の「イ」「ロ」「ハ」をつなぎます。

前述したとおり、今回はアウトレットボックスと端子台の間の電線が3本のパターンを想定していますので、電源の非接地側(黒)端子台の「イ」「ロ」「ハ」の端子がそれぞれ直接接続される形になります。

ちなみに、これがもし電線が2本のパターンだと、電源と直接接続されるのは「イ」端子のみで、「ロ」と「ハ」の端子は「イ」端子から渡り配線で接続する形になります。詳しくはパターンBの記事で解説しています。

【図解】平成30年度 第二種電気工事士 候補問題No.8-B 複線図の書き方解説

4. リモコンリレー(端子台)と電灯(器具)をつなぐ

端子台の「イ」端子から器具「イ」の引掛シーリング(丸型)へ、

端子台の「ロ」端子から器具「ロ」のランプレセプタクルへ、

端子台の「ハ」端子から器具「ハ」の引掛シーリング(角型)(施工省略)へ、それぞれ電線をつなぎます。

スポンサーリンク

5. 電線の色やリングスリーブを使用する場合の注意事項を書く

電線の色を書きます。白をW、黒をBと表記しています。

電線の太さは、1.6mmの箇所は何も記載せず、2.0mmの箇所は「2.0」と表示しています。

1.6mmの電線と2.0mmの電線を接続する箇所のリングスリーブのサイズ・刻印には注意しましょう。

リングスリーブは”使用する場合”を想定して記載しています。差込形コネクタが指定される場合もありますので、必ず施工条件をよく読んで施工しましょう!

参考までに、電線の組み合わせと使用するリングスリーブのサイズおよび圧着マークをまとめました。
電線の太さと本数リングスリーブのサイズ圧着マーク
1.6mm 2本
1.6mm 3~4本
2.0mm 1本 + 1.6mm 1~2本
2.0mm 1本 + 1.6mm 3~5本
2.0mm 2本
2.0mm 2本 + 1.6mm 1~3本
電気工事士技能試験でリングスリーブを使用する場合、この表の6つの組み合わせからしか出題されません。
技能試験で「大」サイズを使用することはありませんので、これら6つの組み合わせだけを覚えておきましょう!
スポンサーリンク

複線図完成!

これで平成30年度技能試験 候補問題No.8 パターンAの複線図完成です!

この完成した複線図は高解像度の画像にリンクしていますので、もしお役に立つのであればリンク先をダウンロードしてご利用ください。

画像をクリックすると高解像度の複線図が開きます。

第二種電気工事士技能試験の試験時間は40分と短いため、複線図を書くことに時間をかけてしまうと施工が間に合わなかったり、焦って欠陥を発生させてしまいます。

長くても5分以内、できれば2,3分程度で、問題用紙の片隅にささっと書けるように練習しておきましょう。

慣れない複線図を書くことは最初は難しいですが、反復練習を行ううちに理解できるようになりますので、根気よく練習しましょう!

平成30年度 第二種電気工事士 技能試験対策室!

平成30年度 第二種電気工事士 技能試験対策に役立つ情報をまとめたページはこちら!

平成30年度 第二種電気工事士 技能(実技)試験WEB対策室 独学支援!

平成30年度 第二種電気工事士 技能(実技)試験WEB対策室 独学支援!
当ブログでは、平成30年度(2018年度)の第二種電気工事士試験の技能(実技)試験対策を独学で行う方を支援しています!僕自身、第二種及び第一種電気工事士試験の技能試験を独学で練習して合格したのですが、技能試験対策を独学で行うと言っても、何を

技能試験の練習に必要な工具・器具のお勧めはこちら!

【電気工事士技能試験 工具関係】

電気工事士技能試験にお勧めの工具紹介と単品・セット購入の価格比較!

【電気工事士技能試験 練習用材料(電線・器具)関係】

電気工事士技能試験の材料を安く買いたい方にお勧め厳選1セット!

技能試験WEB対策室のページには、より多くの役立つ情報がありますので是非ご覧ください!

今年度から電気工事士試験の日程が変更されます

平成30年(2018年)から電気工事士試験の実施方法が大きく変更されます。

試験日程や出願期間、筆記試験免除の変更点などを下記の記事にまとめていますので、まだ日程を把握されていない方はよろしければご覧ください!

平成30年度から電気工事士試験の実施方法が大幅変更!変更点まとめ
こんにちは!ビルメン米造です! 平成30年(2018年)から電気工事士試験の実施方法が大きく変更されることになりました。 第二種電気工事士試験の受験機会の拡大、受験地の拡大など、非常に良い方向への改定となっています。 従来...