2019 年度の【第二種電気工事士の攻略法を知りたい方だけ】コチラをクリック!

【対処法】ウイルス感染!? 突然 Windows の「システム警告」や「当選者に選ばれました」と表示される【偽警告・当選詐欺】

Windows 10
スポンサーリンク
スポンサーリンク

米造
米造

こんにちは!ビルメン米造 (@bill_yonezou) です!

ネットサーフィンをしていると突然ブラウザ上に Windows の「システム警告」や「ウイルスに感染しています」、「パソコンの性能が低下しています!」あるいは「iPhone X の当選者に選ばれました」などの画面が表示されて驚いたことはありませんか?

これらの画面は「偽警告 (ニセ警告)」と呼ばれます。

偽警告 (ニセ警告) 自体はかなり昔から存在していましたが、2018 年中旬ごろからは出現数やバリエーションが増え、警告だけではなく「~が当選しました!、~の当選者に選ばれました!」といった「当選詐欺」と呼ばれる画面も表示されるようになりました。

次の 2 枚の画像は実際に僕が遭遇した偽警告 (ニセ警告)当選詐欺 の画面です。

偽警告の例
偽警告の例
当選詐欺の例
当選詐欺の例

この記事では、偽警告 (ニセ警告)当選詐欺が表示された場合の対処法のほか、次のような内容について解説します!

この記事を読めば、 偽警告 (ニセ警告) や当選詐欺について次のことが分かります!
  • 偽警告 (ニセ警告)当選詐欺が表示された場合、どのように対処したら良いのか?
  • 偽警告 (ニセ警告)当選詐欺が表示される原因は?まさかウイルス感染!?
  • 偽警告 (ニセ警告)当選詐欺に引っかかったらどうなるのか?

偽警告・当選詐欺の画面が表示された!どう対処すれば良い?

偽警告 (ニセ警告) や当選詐欺が表示された場合の対処法

まずは一番知っておかなければならない、偽警告 (ニセ警告)当選詐欺が表示された場合の対処法を説明します。

「システム警告」などの画面が表示された場合の対処法

メッセージの内容は気にしないでブラウザのタブあるいはブラウザ自体を閉じる

よくわからない方は次の画像を参考にしてください。

インターネットエクスプローラー ( Internet Explorer ) の画面の例で説明しています。

「システム警告」などの画面が表示された場合にクリックしても良いボタンとダメなボタン
「システム警告」などの画面が表示された場合にクリックしても良いボタンとダメなボタン

「システム警告」や「ウイルスが見つかりました」の画面だけではなく、「iPhone X に当選しました!」など “当選しました” 系の画面 (当選詐欺) が表示された場合も同様にタブやブラウザを閉じて対処しましょう。

注意

ブラウザの設定で「前回終了時のタブを復元する」といった設定にしている場合は、タブを閉じずにブラウザそのものを閉じると、次にブラウザを開いた際に再び広告が表示される可能性があります。

出来る限りタブを閉じて対処するようにしましょう。

どうしてもタブを閉じる方法が分からない、広告が邪魔でタブを閉じられない場合の対処法はこのあと説明します。

え?対処法それだけ?と思われたかもしれませんが、本当にこれだけです。

その画面が表示された理由や目的は後述しますが、そもそもあなたのコンピュータのシステムが破損したりウイルスに感染したり応募すらしていないのに iPhone X の当選者に選ばれたりしたというメッセージはウソなのですから。

でも本当にウイルスに感染してるかもしれないよ?

米造
米造

そんなに心配ならその画面を閉じた後にウイルススキャンを実行しましょう

本当に iPhone X に当選してるかもしれないじゃん?

米造
米造

んなわけ無いだろアホかどこにそんなウマい話があるんだよ

スポンサーリンク

絶対にやってはいけないこと

「 OK 」や「更新」「続行」「今すぐスキャン」「ダウンロードして修復する」などは絶対にクリックしてはいけません。

さらに、その画面に表示されている「×」もクリックしないようにしましょう。

「システム警告」などの画面が表示された場合にクリックしても良いボタンとダメなボタン
「システム警告」などの画面が表示された場合にクリックしても良いボタンとダメなボタン

Google Chrome や FireFox をお使いの方はある程度のリテラシーがあると信じて画像では説明しませんが、広告の「×」とブラウザ機能の「×」を間違えないようにしましょう。

タブやブラウザを閉じられない場合の対処法

「タブの閉じ方が分からない」「広告が邪魔をしてタブが閉じられない」という場合もあるかと思いますので、そのような場合の対処法を説明します。

【 タスクマネージャを起動する 】

キーボードの [ Ctrl + Alt + Delete ] キーを同時に押してタスクマネージャを起動します。ちょっと見慣れない画面が表示されますが頑張って操作しましょう。

タスクマネージャには今実行しているアプリケーションの一覧などが表示されます。

今回は偽広告が表示されて操作ができなくなってしまったインターネットエクスプローラー ( Internet Explorer ) を強制的に終了させます。

次の画像のように、「アプリ」の一覧から Internet Explorer を選択してウィンドウ右下にある「タスクの終了」をクリックします。

タスクマネージャから Internet Explorer を強制終了する手順
タスクマネージャから Internet Explorer を強制終了する手順

Internet Explorer の強制終了はこれで完了ですが、まだやらなければならない処置があります。

Internet Explorer をもう一度起動しましょう。

正しい方法で Internet Explorer を終了しなかったため、次の画像のように「前回のブラウズ セッションは予期せずに終了しました。」というポップアップが現れます。

Internet Explorer 強制終了後に再び起動した際に表示されるポップアップ
Internet Explorer 強制終了後に再び起動した際に表示されるポップアップ

このとき、横に表示されている「セッションの復元」は絶対にクリックせず、その横にある「×」をクリックしてポップアップを閉じましょう。

「セッションの復元」をクリックしてしまうと前回終了時の画面が復元されてしまうため、偽警告等の画面が再び表示されてしまう可能性があります。

以上でタブやブラウザが閉じられない場合の対処が完了です。

 

スポンサーリンク

偽警告が表示される原因は?ウイルスに感染しているのか!?

ほとんどの場合はウイルスには感染していない

偽警告や当選詐欺が表示されたらウイルスに感染しているのか?という疑問の答えを書いておきます。

結論

ほとんどの場合、ウイルスには感染していないので大丈夫!

「ほとんどの場合」と書いたのは、当然ですが 100 % 大丈夫とは言い切れないから。

しかし、少なくとも 2018 年中旬ごろから流行っているアドネットワーク (広告配信ネットワーク) を利用した手法により「システム警告」や「ウイルスが見つかりました」の画面が表示されている場合はウイルスが原因ではありません。

偽警告や当選詐欺が表示される原因は?

偽警告や当選詐欺は、WEB ページに広告を配信するための広告配信ネットワークという仕組みを悪用して表示されています。

ものすごく単純に書くと次のようなことが起こっています。

  1. WEB ページを開く
  2. 広告を掲載している WEB ページの場合、広告配信ネットワークから広告が配信される
  3. 悪意のあるプログラムを含んだ広告が紛れ込んでおり、偽警告や当選詐欺のページに強制的に移動させられる

この一連の流れは最新のブラウザやセキュリティソフトなどを利用していても実行されてしまうため現状では防ぎようがありません。

つまり、偽警告が表示されたからといって、端末のセキュリティが甘いわけではないのです。

偽警告や当選詐欺が表示される原因は?

偽警告等が表示されたあなたの端末に原因があるわけではない。

広告配信ネットワーク運営業者による広告内容のチェックが不十分であることが原因。

不快ではあるものの、表示された広告を不用意にクリックしたりしない限りは不利益を被ることもありませんので、偽警告や当選詐欺とはそういうものだと理解して速やかにページを閉じましょう。

スポンサーリンク

偽警告や当選詐欺の指示に従って操作したらどうなるの?

一言でいうと目的は「金銭や銀行口座情報、クレジットカード情報を搾取すること」です。

僕は偽警告等の指示に従って操作をしたことはありませんので詳細を画像等で示すことはできませんが、最終的に銀行振込をさせたりクレジットカード情報を入力させる画面が現れることは想像に容易いです。

たとえば、「システム警告」「ウイルスが見つかりました」という偽警告は、セキュリティソフトをインストールする重要性を説かれ、偽セキュリティソフトを購入させられたり、たちの悪いソフトウェアをインストールさせられるでしょう。

そのソフトウェア経由でオンラインバンクや通販サイトの ID とパスワード、クレジットカード情報などが抜かれて悪用されるのです。

また、「~に当選しました!」という当選詐欺は、よくある「当選した商品を発送するために手数料を支払ってくれ、銀行口座やクレジットカード情報を登録してくれ」といった流れになるのではないかと推測します。

世の中には「十数万円の商品が貰えるなら最初に 1 ~ 2 万円くらいの手数料を払ってもお得だな!」という思考で手数料を支払ったり、銀行口座・クレジットカード情報を登録してしまう人がいるのです。

「ウイルスに感染しています」など不安を煽る偽警告はともかく、当選詐欺のような甘い話はありえませんので、それくらいは自分で判断しないといけませんね!

IT リテラシー以前の問題です。

偽警告はウイルスじゃなかったけどセキュリティ対策は十分に!

今回ご紹介した偽警告や当選詐欺はウイルスによるものではありませんでしたが、いつどんなリスクに遭遇するか分からない時代ですのでセキュリティ対策は万全にしておかなければなりません!

今回ご紹介した偽警告等はパソコンで表示される画面ですが、スマートフォンでも同じように偽警告が表示されるケースが IPA (独立行政法人 情報処理推進機構) などに報告されています

最近はパソコンだけではなく、セキュリティ対策が甘くなりがちなスマートフォンが狙われるのです。

プライベートの出来事 (画像・動画) や連絡先、スケジュール、 SNS のやりとり、お金の管理に関することなど、あなたに関するすべての情報がスマートフォンに詰まっているという方も少なくないと思います。

偽警告や当選詐欺に遭遇してこの記事に辿り着いたことをきっかけに、是非パソコンだけではなくスマートフォンのセキュリティについても見直してみてください!

パソコン (Windows / Mac) と スマートフォン (Android) に対応したセキュリティソフトのお勧めの厳選 2 ソフトを紹介しておきますので参考にしてください!

決して、偽警告がインストールさせようとしてくるような「偽セキュリティソフト」や「たちの悪いソフトウェア」ではありませんのでご安心を!

ESET インターネット セキュリティ(最新)| Win/Mac/Android対応
  • 友人や同僚に薦めたいセキュリティソフト№.1(NTTコム オンライン調査/2018年)
  • 「ウイルス検出率100% AWARD 」を業界最多獲得(Virus Bulletin調査/2019年1月時点)
  • トラブルを迅速に解決。信頼のサポートセンター(キヤノンマーケティングジャパングループが運営)
  • Windows、Mac、Androidで利用可能
  • カスペルスキー セキュリティ (最新版) | Windows/Mac/Android対応
  • セキュリティソフトの性能比較テストで、7年連続1位を獲得(第三者評価機関 AV-Comparativesでの評価)
  • 防御力の高さ、誤検知の少なさ、動作の軽快さで最高評価を獲得(第三者評価機関SE Labs、AV TESTでの評価)
  • ウイルス・ランサムウェア・不正アプリ対策、危険メール・危険サイトのブロック、フィッシング詐欺の防止、ネットショッピング保護、ネットバンキング保護 等
  • iOS搭載端末には、Kaspersky Safe Browser(無料)を利用可能(カスペルスキー セキュリティのライセンスは必要ありません)
  • 年中無休の無料サポートをご提供。電話、チャット、Webフォームからのお問い合わせが可能