資格マニアが実践している記憶に定着しやすい効率的な勉強方法

資格免許証の画像資格マニア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

米造
米造

資格マニアが発信する資格試験情報ブログ「資格屋」へようこそ!

難易度の高い資格試験に挑んだり、複数の資格の取得を目指す方の中には、長い時間をかけて勉強していてもなかなか結果が出ず、「こんなに頑張って勉強しているのに…」と落ち込んだり諦めたりしてしまう方も多いのではないでしょうか。

難易度の高い資格試験や複数の資格に効率よく合格するためには、自分にとって良い勉強方法を確立し、最適な勉強環境を構築する必要があります。

この記事では、私が資格マニアとして数々の資格を取得してきた経験を基に、勉強した内容が記憶に定着しやすい効率的な勉強方法をご紹介します。

なお、言うまでもありませんが、この記事でご紹介している方法はあくまで “僕にはこの勉強方法が合っている” というもので、絶対的な正解ではありません

特に “ノートの使い方” については賛否両論あると思います。考え方が合わないと思う部分は読み飛ばしてください。

この記事の中に1つでも皆さんの勉強効率の向上に役立つものがあれば幸いです。

※記事書き直し中です。

効率の良い勉強方法

綺麗なノート作りは時間の無駄

試験勉強をするときに参考書の内容を綺麗にノートにまとめようとする方は多いと思います。

でもそれは勉強しているつもりで実は出来ていない勉強方法の典型例かもしれませんよ。

学生の頃に教師が黒板に書くことはノートに書き写す意味があります。教科書に載っていないことを教えてくれているからです。(教えるのが下手な教師は教科書に載っていることをそのまま黒板に書きますが…。)

しかし、資格試験の勉強はどうでしょう。

試験に出る範囲が分野ごとに整理されている参考書を使っていますよね。それをノートにまとめるなんて完全に時間の無駄です。参考書にはもう合格するために必要な情報がまとまっているんですよ。

ノートに参考書の内容を写した上で色ペン蛍光マーカーなんかを使っていませんか?

その行為は「勉強」ではなく、参考書の「複製」です。無駄に時間を消費したことで勉強した気になっているだけで、何も覚えられていません。

読んで復習するなら参考書を読めばいいのです。まともな参考書には索引がついているので、知りたことが掲載されているページをすぐに開くことができます。

資格の勉強にノートもルーズリーフも必要ありません。

僕はノートを1冊も持っていません。試験勉強をする際にはA4のコピー用紙に適当に書きなぐります。

英単語の単語暗記カードのようなものを作るのも時間の無駄

その暗記カードを作るのに何分の時間を費やしたのでしょうか?

ノートを綺麗にまとめることと同じで、勉強した気になっているだけで、何も覚えられていませんよ。

自分、努力してる!」感は得られるかもしれませんが、合格することが目的ならそんな自己満足は捨て去り、ひたすら参考書に向かうべきです。

「音読」は最強の勉強方法!ひたすら音読すべし!

「文字を書く」ことって、結構時間がかかる行為ですよね。

たとえ綺麗にまとめるわけでは無いとしても、参考書の内容をノートに書くことは非常に時間のかかる勉強方法なのです。

ではどうやって記憶するのかというと、ひたすら音読をします。

私が資格の勉強をするときは、ひたすら独り言を言っています。

通勤電車の中や外食店など、ぶつぶつ独り言を言えない環境では勉強が出来ないというデメリットがあります。しかし、勉強を進めるスピードも記憶の定着力も、書いて覚える場合と比べて段違いに良いと感じています。

同じ文章を「書く」スピードと「読む」スピードを比べると、「読む」ほうが何倍も速いですよね。

黙読」でも良いのかと言うと、黙読はいけません。黙読だと文章をなんとなく目で追って最後まで読んだ気になってしまい、実際は頭に入っていない可能性があります。

音読」だと、読めない漢字や英単語、意味のわからない単語などが出てきた時点で立ち止まって考える・調べるということができますが、黙読だとそこをスルーしてしまう可能性が高いのです。

さらに、音読とは頭で理解しながら口から発声し、それを耳で聴くという行為ですので、文字を書くだけ黙って文字を読むだけ(黙読)と比べて行き来する情報量が多いのです。

今まで、ただ書くだけ、読むだけ(黙読)という勉強方法しかしてこなかった方は、試験勉強の方法として音読を取り入れてみてください。

内容の理解力、記憶の定着力、勉強に対する集中力が上がるかもしれません。

過去問の使い方

過去問は 10 回分解く

私が資格試験の勉強をする際に解く過去問の数は、試験 10 回分です。

年に2回実施される試験なら5年分、1回しか実施されない試験なら 10 年分です。

勉強方法さえ間違っていなければ 10 回分の問題と対峙すれば十分で、多くの試験は6回分くらいでも問題なく合格できます。

10 回分以上の過去問を解かなければ合格できない人は、非常に効率の悪い勉強方法を行っている可能性が高いです。

1つの設問から学べることはいくつもある

「~について述べた次の文章のうち、正しいものは (①~④) である。(4択)」

この問題の答えを見て、答えが①だったら①の内容だけを覚えようとするのは非常に効率の悪い勉強方法です。

試験に合格するための知識を得る上で重要なのは、正しい選択肢の内容を覚えることだけでなく、誤っている選択肢を掘り下げることです。その選択肢がなぜ誤っているのかを学ぶことが大切です。

「そんな当たり前のことをいまさらドヤ顔で言われても…」と思った貴方は正しい方法で勉強できているので、その調子で勉強すれば合格できると思います。

そう、当たり前だと思うじゃないですか?

でもこれができていない人が大勢居るのです。

~の資格は過去問丸暗記で簡単に受かるよ」と言う人は多いですが、受かる人は「丸暗記」と言いながらも上記の勉強方法ができている人です。

正しい選択肢だけを丸暗記しようとする人は全く同じ問題が出なければ解けませんので、過去問と同じ問題が大量に出題される “当たり回” が来るまで落ち続けます。

また、1つの設問から得られる知識量が少ないため、試験 20 回分などの大量の過去問を解かなければ合格できません。

過去問は古いものから解き、最新のものは最後まで取っておく

私はこの方法を気に入っていて、どの資格の勉強をするときも必ず実践しています。

書き直し中です。

米造
米造

最後までお読みいただきありがとうございます!
「資格屋」に掲載中の資格一覧はこちらです:資格屋 HOME
著者のプロフィール・取得資格はこちらです:著者プロフィール

資格マニア

記事へのご意見・ご感想・ご質問などは以下の SNS シェアボタンか著者の Twitter アカウント (米造@bill_yonezou) の固定ツイートへのリプ、もしくはメンション付きツイートでお願いします。

スポンサーリンク
資格屋