「reCAPTCHAで保護されています」って何?表示を消す方法はある?

ブログ運営

2018年11月~12月ごろから、ページの右下に次のような画像とともに「reCAPTCHAで保護されています」と表示されるブログやウェブサイトが増えてきています。

本記事では、「reCAPTCHAで保護されています」とはいったい何なのか?「reCAPTCHAで保護されています」の表示を消す方法はあるのか?という疑問についての答えを紹介しようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「reCAPTCHAで保護されています」はなぜ表示されるのか?

そもそもreCAPTCHAって何?

reCAPTCHAとはGoogleが提供するボット・スパム対策の技術で、メールフォームやブログのコメントなどの入力欄に対して、プログラムによる自動的なものではなく人間が入力したことを証明させるための技術です。

多くのウェブサイトやブログに導入されています。

ひと昔前(reCAPTCHAv1)は次の画像のような不鮮明な画像から文字を読み取り入力させるものでした。何度も認証に失敗してイライラさせられた経験のある方も居るのではないでしょうか。

(画像:Google reCaptcha Help)

近年では次の画像のような「私はロボットではありません」というチェックボックスをクリックするだけでOKという形式にバージョンアップして非常に利便性が高まりました。(reCAPTCHA v2)

そしてこのたび、reCAPTCHA バージョン3(reCAPTCHA v3)が公開され、とうとうユーザは何のアクションも起こす必要が無くなりました!

reCAPTCHA v3 はバックグラウンドで動作をし、メールフォームやコメント欄に投稿しようとしている何者かが「人間らしい振る舞い(操作)をしているか」を常に監視しているため、読みにくい文字を入力させたりチェックボックスにチェックを入れる必要が無くなったのです。

「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンや文字が表示される理由

次の画像のような「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンや文字は、reCAPTCHA v3を導入しているウェブサイトやブログ上に表示されます。

本ブログにもreCAPTCHA v3を導入していますので、「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンと文字の表示が確認できると思います。

モバイル端末でアクセスした際にも表示されるのですが、小さな画面にこのサイズのアイコンは結構目についてしまいますよね。

この「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンを消すことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンは消せる?

ウェブサイトを閲覧するユーザ側で「reCAPTCHAで保護されています」のアイコンを消すことはできません。

また、現時点ではreCAPTCHA v3を導入しているウェブサイトの運営者側でも、このアイコンを非表示にするような設定を行うことはできません。

「アイコンが邪魔だからどうにかして!」という声がGoogleに集まれば対応される可能性もありますが、現時点ではアイコンを消す手段はありません。

 

以上、「reCAPTCHAで保護されています」が表示される理由と非表示にできるのか?という疑問について、ウェブサイトの閲覧者向けに紹介しました!

ここからは、ブログ運営者(WordPress利用者)向けにreCAPTCHA v3を導入する方法を解説します!

WordPressのContact Form 7にreCAPTCHA v3を導入する方法

最初に注意:reCAPTCHA v3はチェックが甘い!?

2018/12/19時点では、reCAPTCHA v3のチェックが甘いようで、チェックをすり抜けてスパムメールが送られてくるという事例が多数報告されています。

Support » WordPress Support >> Plugin: Contact Form 7 Topic

本ブログではreCAPTCHA v3にアップデートしてから本日までの約10日間に2件のスパムメールが届きました。

上記のフォーラムでは「Contact Form 7で使用するreCAPTCHAをv2に戻してくれ」だとか「v2かv3のどちらを利用するか切り替えられるようにしてくれ」という声が挙がっています。

reCAPTCHA v3 is a mess. Let us toggle between using ReCAPTCHA v2 or v3.

Any developper who thinks it’s okay to add some kind of constantly-there hovering box needs to seriously reconsider what they are doing!

Contact Form 7はバージョン5.1からreCAPTCHA v3に対応しており、v2が利用できなくなっています。

バージョン5.1以前のContact Form 7を利用している場合はreCAPTCHA v2を利用できますので、reCAPTCHA v3の問題が解消されるまではContact Form 7のバージョンアップを保留しておいたほうが良いかもしれません。

これからreCAPTCHA v3を導入される方はこの点に注意が必要です。

スポンサーリンク

reCAPTCHA v3の導入方法

GoogleのMy reCAPTCHAのページにアクセスします。

reCAPTCHA
reCAPTCHA is a free security service that protects your websites from spam and abuse.

必要事項を入力してサイトキー及びシークレットキーを取得します。

WordPressの管理画面で[お問い合わせ]→[インテグレーション]に移動します。

reCAPTCHAの「インテグレーションのセットアップ」を選択します。

取得したサイトキーシークレットキーを入力すれば設定完了です。

設定後にブログにアクセスした際に画面右下にアイコンが表示されれば正常に設定が完了しているハズです。

以上です。

GoogleやContact Form 7の制作チームに動きがあれば追記します!