【独身男飯】あさりの酒蒸し:新鮮なあさりの見分け方と砂抜きの方法!

独身男飯・自炊・レシピ

どうも、ビルメン米造です!

一人暮らしの皆さん、自炊していますか?


僕はこのツイートのように、美味しそうなお惣菜があればつい買ってしまうことが多いのですが、基本的には自炊をしています。

独身一人暮らしでは準備や片付けが面倒くさくて全く自炊をしないという方は多いと思いますが、やってみると意外と手間もかからず、材料費も安く、見た目は汚いけれど味はそこそこ食べられるものが作れて楽しいものですよ!

今回は、酒のつまみにもってこいの「あさりの酒蒸し」を作ってみましたので、あさりの砂抜きなどの下準備から調理までの流れを紹介しようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「あさり」自炊に関する基礎知識

下準備に入る前に、あさりに関するウンチクを語ります。

下準備と調理の方法だけさっさと知りたい方はページをどんどんスクロールしてください!

スーパーに売っている あさり は活きている!

活きあさり」などの名称で水を張った容器に入れられているあさりは当然活きているのですが、水が張られていない容器に、上の画像のように並べられているあさりも活きているって知っていましたか?

僕は自炊を始めるまでは、他の魚と同じように死んでいるものだと思っていました。

ある日なんとなくあさりを買って帰って調理方法について調べていると、「あさりの砂抜き」という作業が必要だと知ります。塩水にあさりを並べて放置するだけで良いというのですが、死んでいるあさりからどうやって砂を抜くのかと疑問に思っていろいろと調べているうちに、自分の認識がおかしいことに気づきました!

こいつら全部活きてるんかい!

死んだあさりや健康状態の見分け方

はい、というわけで、スーパーに売っているあさりは基本的には活きています。

でも、中には当然弱っているあさりや、死んでしまっているあさりもいますので、簡単な見分け方を紹介します。

あさりの健康状態は、殻の閉じ具合で判断します。

死んでいるあさりは筋肉が脱力していますので、だらしなく殻が開いてしまうという点に着目します。(中にはピッタリ閉じたまま死んでいるあさりもいるでしょうけれど…)

【元気なあさり

  • 殻がピッタリと閉じている
  • 軽く開いた殻から入水管、出水管がピューっと出ている↓こんなやつは超元気

【活きているけど疲れ始めているあさり

  • 殻が軽く空いているが、あさりに触れる・容器をゆするなどすると閉じる

【死んでいるあさり

  • だらしなく殻が空いていて、あさりに触れる・容器をゆするなどしても閉じない

死んだあさりはしっかり加熱すれば食べられはしますが、やはり新鮮なものを調理して食べたいですよね!魚介類はあたると怖いですし…。

上記の特徴に注目して新鮮なあさりを選んでみてください!

ただし、容器の上からあさりを突きまくったりするのはお店や他の客への迷惑になるので注意してくださいね!容器をかるく揺するくらいで大丈夫です!

さて、新鮮なあさりを買ってきたところで、ようやく下準備を始めましょう!

あさり調理の下準備 – あさりの砂抜き

あさりを美味しく食べるためには、「あさりの砂抜き」と呼ばれる下準備が必要です。

「砂抜き」と言っても、パックに密封されている間にあさりの体内に溜まった老廃物を吐き出させることが目的なので、実際にはじゃらじゃらと砂が出てくるわけではありません。

あさりを浸していた塩水にあさりからの排出物が漂っていたり、1ミリにも満たない砂(のようなもの)がちょろっと出てくるだけですので、大量の砂が出ていないからといって「砂抜きに失敗したかな?」と不安になる必要はありませんよ!

それでは一般的な「塩水を使う方法」と、下準備の時間を短縮できる「お湯を使う方法」の2通りのあさりの砂抜きの方法を紹介します!

あさりの砂抜き – 塩水を使う方法

海水程度(濃度3%程度)の塩水にあさりを浸し、冷暗所に2時間程度置いておく方法です。

あさりを元居た海と同じ環境に置いてやってリラックスした状態で生命活動をしてもらい、老廃物を排出させようという考えなのかな?推測ですが(笑)

濃度3%の塩水を正確に作るのは難しいので、ボウルなどに水を入れ、適当に塩を足していき自分で舐めて海水っぽい濃度になったらそれでOKです。

塩水の量は、あさりがどっぷり浸かりきらない程度です。

塩水ができたら、上の画像のように買った容器にそのまま塩水を入れてやります。

あさりが元気なら、殻を動かしたり、水管を出したりと活動を始めます。

他の容器に移す場合は、あさり同士が重ならないように注意しましょう。

あさり同士を重ねると殻を開けなくなり老廃物を排出できませんし、弱って死んでしまいます。

あさりを塩水に浸したら、冷暗所に2時間程度放置します。僕は毎回2~3時間くらい、シンク下のスペースに置いています。

時間が経ったら塩水を流し、あさりを綺麗に洗って下準備完了です。

あさりの殻の外側にも汚れが付着していますので、このタイミングで殻も綺麗に洗いましょう。指で擦る、あさり同士で擦る、綺麗なスポンジで擦るなどの方法でOKです。

あさりの砂抜き – お湯を使う方法

続いてお湯を使ったあさりの砂抜きの方法です。

この方法は、塩水を使った方法のように待つ必要がありませんので、下準備に時間をかけられない場合に使える時短の方法です。

準備するものは、50℃程度のお湯だけです。塩は入れないでください!

温度計を持っていなくてお湯の温度が測れない場合は、一度完全に沸騰させた100℃のお湯を作り、そこに同じ量の水を加えることで50℃より少し熱いお湯を作ることができます。

お湯の量は塩水の方法と同じく、あさりがどっぷりと浸かりきらない程度です。

50℃程度のお湯ができたらあさりが入っている容器にそのまま入れましょう。

別の容器に移す場合は、塩水の方法と同様にあさり同士が重ならないように配置してやりましょう。

お湯に浸しておく時間は7分~15分程度です。4,5分程度経つとあさりが水管を出して老廃物や砂を吐き出し始めます。時間に余裕があるなら少し長めに浸しておくと、それだけ多くの老廃物を排出してくれます。

時間が経ったらお湯を流し、あさりを綺麗に洗って下準備完了です。

あさりの殻の外側にも汚れが付着していますので、このタイミングで殻も綺麗に洗いましょう。指で擦る、あさり同士で擦る、綺麗なスポンジで擦るなどの方法でOKです。

お湯を使う方法は時短調理が可能ですが、お湯によってあさりの旨味や栄養が流れ出すという意見もありますので、僕は基本的に塩水を使って砂抜きをしています。

下準備完了!

料理の「下準備」と言うと面倒くさそうなイメージがあるかもしれませんが、「塩水に浸して2時間程度待つ」か「お湯に浸して15分程度待つ」という待ちの工程ですので全く手間はかかりません!アラームでもかけて好きなことをしていればいいんです!

あさりに関しては、1ミリにも満たないサイズの砂や老廃物でも、噛むと「じゃりっ」とイヤな食感がありますので、それを取り除くためにきっちり下準備を行いましょう!

下準備ができたら、あとは煮るなり焼くなり好きに調理してやれば良いです。

味噌汁、酒蒸し、ワイン蒸し、ピラフ、パスタ、野菜炒め、アヒージョなど色々な料理に活用できます!

今回は「あさりの酒蒸し」を作ってみましたので、簡単に紹介しようと思います!

あさりの酒蒸しの作り方

おっさんがネット上のレシピを軽く観て作った料理なので、調味料の分量などは適当です!

独身の男飯とはそういうものです!

きっちり大さじ何杯、蒸す時間は何分というレシピがほしい方はクックパッドあたりを見たほうが良いです(笑)

 

では作っていきましょう!

 

まず、適当な量のニンニクを軽く炒めます。風味も付きますし、ニンニク自体も美味しいです。

ニンニクが多すぎると仕上がりが塩辛くなり、色も茶色く仕上がりますので注意しましょう!

続いてあさりを投入します。

まだ水や酒は入れず、あさりだけを投入しましょう。火力は中火くらいです。

さっきまで元気だったあさりが次々とお亡くなりになり、殻がくぱぁと開き始めます。

下の画像に写っている水分はあさりから出たもので、これが旨味です!

鍋にフタをしてしばらくあさりを蒸します。

下の画像は鍋蓋が見つからなかったのでアルミホイルで代用しています。

2分くらい経ったら、適当な量の料理酒を投入しましょう。

このとき僕は何をトチ狂ったのか「みりん」を入れてしまったことがありますが、「みりん」は入れないようにしましょう!

料理酒あさりのエキスさっぱりと仕上がる予定だったのが、みりんを入れるとドロっとした甘ったるい仕上がりになってしまいます。

隠し味(?)に白ワインがオススメです。これはいい感じに仕上がります。

「酒蒸し」と言いながら酒もワインも入れていますが、美味しけりゃなんでもいいんです。

ついでに、冷蔵庫でしんなりし始めていたぶなしめじを投入します。お好みで。

鍋蓋が見つかったのでしっかりとフタをしてさらに2分蒸します。

※あさりは蒸しすぎると縮まって固くなってしまいますので注意が必要です!

はい完成!

青ネギでも撒き散らせばインスタ映え(笑)する料理写真が取れたのかもしれませんが、男飯は色合いなど気にしません!

食べました。めちゃくちゃ美味しかったです!

[追記]

後日、青ネギをぶっかけて作ってみました。色合い云々より、普通に美味しいです!

これをそのままパスタなんかに絡めても美味しそう!

独身だからこそ自由な自炊を!

今回はあさりの調理のために必要な下準備の方法と、あさりの酒蒸しの作り方を紹介しました!

自炊なんて面倒くせえ!という方も多いと思いますが、独身だからこそ自炊をすれば自由な味付けで食べたいだけ食べることができるんです!

他人に出すわけでもないので、見た目は全く気にしなくてOKです!

ぜひ暇な休日があればあさりの酒蒸しでも作ってみてください!