ビルメンの資格手当はすごい?手当が貰える資格と金額の例を紹介!

こんばんは。貧乏ビルメン米造です。

今回はビルメンという業種には必須の「資格」についての話題です。

ビルメンは様々な設備を扱うため、求められる資格の数も多い業種です。

みんな自分の仕事の幅を広げて会社に貢献するために勉強して数多くの資格を取るのです!

…と言えば聞こえがいいのですが、実情はそうではありません。

何のために資格を取るのか。ズバリ、「金」です。カネ。

僕が勤めるビルメン会社も含め、ボーナスや昇給がないビルメン会社はごまんとあるのですが、そのような会社で給料を上げる唯一の方法が資格取得による「資格手当」です。

難しくて需要のある資格を取得すればそれだけ給料が上がるため、みんな必死に勉強するのです!

会社によっては手当ではなく資格取得一時金が支給されるのかもしれませんが、ビルメン業界で一時金が貰える会社というのは、系列系ビルメン会社の一部以外には聞いたことがありません。毎月の給料に手当として加算されるのが一般的でしょう。

今回は、資格手当が設定されている資格とその金額を紹介します!


ビルメン会社の資格手当の実例!

資格名 金額 備考
危険物取扱者乙種4類 500~1,000円 乙4以外はもらえない会社多数
危険物取扱者甲種 1,000~2,000円
消防設備士乙種 0~1,000円 乙4と6だけ高い会社あり
消防設備士甲種 500~2,000円
第二種電気工事士 500~3,000円
第一種電気工事士 1,000~5,000円
第三種冷凍機械責任者 1,000~2,000円
第二種冷凍機械責任者 2,000~5,000円
二級ボイラー技士 500~2,000円
一級ボイラー技士 1,500~3,000円
第三種電気主任技術者 5,000~10,000円 資格を保有しているだけで貰える
第三種電気主任技術者(選任) 0~10,000円 選任されれば、さらに手当が貰える会社あり
第二種電気主任技術者 5,000~10,000円 中小独立系じゃ持て余すので手当が貰えない会社あり
エネルギー管理士 5,000~10,000円
建築物環境衛生管理技術者 5,000~10,000円

どこのビルメン会社でも手当が貰える資格はこのくらいです。金額は大体この範囲内ですが、当然ながら例外もあるでしょう。うちのビルメン会社の資格手当はこの範囲内です。

系列系ビルメン会社だと各種施工管理技士建築士建築設備士などにも資格手当が設定されている場合があるそうですが、中小独立系の会社ではこれらの資格は持て余すだけなので資格手当の支給は期待できません。

また、多くの会社で資格手当の支給額の上限が定められていたり、手当の対象とする資格数が定められているなど、資格を取れば取るほどいくらでも手当が増額するわけではありません。

ビルメンは資格資格!と言う割には手当が貰える資格の数も金額もイマイチだと思いましたか?

ええ、その通りです(笑)

それでも、昇給が無い以上、少しずつでも資格を取って資格手当で給料を上げるしかないんですね。ビルメン業界が底辺だと言われる所以ですね…。

僕の保有資格は↓の記事に記載している通りで、毎月の資格手当は約23,000円です。

資格手当だけで年間276,000円になるのですから、頑張って取得した甲斐があります。

https://birumen.site/about/jikoshoukai

当然ですが、無線や通信関係の資格はビルメンの仕事には全く関係ないので手当は貰えません。

それが分かっていながら、来年また関係のない電気通信主任技術者(線路)情報セキュリティスペシャリストを受験しようとしているのですが(笑)

来年一発合格を目指している電験三種は、うちのビルメン会社だと毎月5,000円の手当が貰えるので非常にありがたいです。

電験三種を取得する目的は待遇の良いビルメン会社への転職活動に役立てるためなので、資格手当の増額はオマケのようなものですがね!

最後話が逸れましたが、今回はビルメン会社の資格手当の実情を紹介しました!

もしこの記事を読んでくださっている貴方がビルメン会社への就職を検討しているなら、その会社は資格手当がもらえるのか金額の上限はいくらか手当の対象となる資格の数はいくつか、などを可能な限り調べることをお勧めします。

資格手当は給料が少ないビルメンの生命線です!

以上です!



シェアする

フォローする