2019年度の試験に完全対応!第二種電気工事士の筆記試験に合格する勉強方法や技能試験にお勧めの工具・器具のまとめはコチラ!

工事担任者 AI・DD 総合種の難易度は?合格する勉強方法と参考書を紹介!

工事担任者
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビルメン米造
ビルメン米造

こんにちは!ビルメン米造 (@bill_yonezou) です!

全てのデジタル通信及びアナログ通信の端末設備・回線設備に関する工事が行える資格、工事担任者 AI・DD 総合種

電気通信工事に従事する工事担任者の最上位資格です!

この記事では、工事担任者 AI・DD 総合種 の資格に関する以下のような内容を、工事担任者 AI・DD 総合種、電気通信主任技術者 (伝送交換・線路) 取得者が解説します!

この記事を読めば、工事担任者資格に関するこんなことが分かります!
  • 工事担任者 AI・DD 総合種 の科目免除などの試験概要
  • 工事担任者 AI・DD 総合種 の合格率と難易度、DD 1 種 や AI 1 種を飛ばしていきなり受験しても合格できるのか?
  • 工事担任者 AI・DD 総合種 に合格する勉強方法
  • 工事担任者 AI・DD 総合種 の合格者が使っているお勧め参考書
工事担任者(AI・DD 総合種)、電気通信主任技術者(伝送交換・線路)、第一級陸上無線技術士の免状
工事担任者(AI・DD 総合種)、電気通信主任技術者(伝送交換・線路)、第一級陸上無線技術士の免状

工事担任者 DD 種と AI 種の試験対策については別記事でご紹介しています!

工事担任者AI・DD 総合種の試験概要

まずは 工事担任者 AI・DD 総合種の受験資格、科目免除などの試験概要を紹介します!

日本データ通信協会の試験案内から 工事担任者 AI・DD 総合種 の部分をまとめたものですが、試験勉強には直接関係がないことですので、「概要はいいから試験対策について知りたいと」いう方は読み飛ばしてください!

工事担任者 AI・DD 総合種を取得後に取り扱える設備

工事担任者 AI・DD 総合種の資格を取得後に取り扱える設備は次のように定められています。

工事担任者 AI・DD 総合種の資格を取得後に取り扱える設備

アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事

この一言ではどういう実際にどういう設備が扱えるのかよく分かりませんよね。

以下の工事担任者 DD 種及び AI 種の記事には、それぞれの種別で取り扱える設備の例を記載していますので、詳細はそちらをご覧ください!

例えば、DD 種なら IP – VPNや広域イーサネット、AI 種なら PBX や PRI (ISDN 一次群インタフェース) などが扱えます。

そして、工事担任者 AI・DD 総合種はそれらの全てを扱えるのです!

スポンサーリンク

工事担任者 AI・DD 総合種の科目免除

工事担任者 AI・DD 総合種の受験にあたっては、既に取得済みの他の資格による科目免除を申請することが可能です。その一覧がこちらです!

取得済みの資格免除対象科目
工事担任者 AI 1 種基礎
工事担任者 AI 2 種基礎
工事担任者 DD 1 種基礎
工事担任者 DD 2 種基礎
電気通信主任技術者基礎・法規
第一級陸上無線技術士基礎
第二級陸上無線技術士基礎
第一級総合無線通信士基礎
第二級総合無線通信士基礎
第一級海上無線通信士基礎
第二級海上無線通信士基礎

電気通信主任技術者の取得者は「基礎と法規」、その他の資格の取得者は「基礎のみ」の科目免除を申請可能です。

工事担任者 AI・DD 総合種を持っていれば免除される他資格の科目

工事担任者 AI・DD 総合種を取得すれば、他の通信に関する国家資格を受験する際に科目免除を申請することが可能になります。

その資格と免除対象科目はこちらです!

資格名免除対象科目
電気通信主任技術者 (伝送交換・線路)電気通信システム
第二級総合無線通信士無線工学の基礎
第三級総合無線通信士無線工学の基礎
第二級海上無線通信士無線工学の基礎

工事担任者 AI・DD 総合種の取得後に電気通信主任技術者に挑戦する人は多いので、科目免除の対象資格になっているのは嬉しいですよね!

スポンサーリンク

工事担任者AI・DD 総合種の合格率と多方面から見た難易度

工事担任者 AI・DD 総合種の合格率から見る難易度

工事担任者 AI・DD 総合種の受験者数と合格率
工事担任者 AI・DD 総合種の受験者数と合格率

工事担任者 AI・DD 総合種の合格率は 20 % 前後で安定しており、難易度は「やや難しい」レベルです。

工事担任者 AI・DD 総合種の試験内容から見る難易度

資格名に「工事」とついていることから電気工事士と似たような資格だと思われがちな工事担任者ですが、その出題内容はかなり IT 寄りで、通信技術やコンピュータ・サーバなどに関する横文字が大量に出てきます。

また、計算問題が出題される「基礎」の科目では、単なる電気回路の計算問題だけではなく、電子回路に使われるトランジスタの増幅度の計算問題やディジタル回路 (ベン図・ブール代数など) に関する問題などが出題されます。

一方で、「工事」という単語から連想される「工具や器具・材料」に関する問題はほとんど出題されません。LAN ケーブルや光ファイバーケーブルに関する問題がたまに出題される程度です。

以上のことから、ICT (情報通信技術) やコンピュータ関係が苦手な方が工事担任者 AI・DD 総合種に合格するためには対策にかなりの時間を要するでしょう。

逆に、IPA (情報処理推進機構) が実施する情報処理技術者試験 (基本情報技術者、応用情報技術者など) に合格しているような方なら初見でも解ける問題があるため取り組みやすいでしょう。

工事担任者 AI・DD 総合種と関連する資格を比較した難易度

工事担任者 AI・DD 総合種の受験者が同時に持っていることの多い電気工事士資格の筆記試験の合格率は約 60 %、技能試験の合格率は約 70 %ですので、単純に難易度だけを比較した場合、合格率 20 % 前後の工事担任者のほうがかなり難易度が高いことが分かります。

また、試験内容を比べても、工事担任者は電気工事士より幅広い範囲の知識や計算能力を要求されます。

スポンサーリンク

工事担任者 AI・DD 総合種はいきなり受験しても大丈夫?

「最終的に工事担任者 AI・DD 総合種を取得したいけれど、いきなり受験しても大丈夫かな?下位の DD 1 種AI 1 種からステップアップしたほうが良いかな?」と悩む方が多いようです。

工事担任者 AI・DD 総合種の受験においては、先に DD 1 種もしくは AI 1 種を取得してから受験する場合と、いきなり AI・DD 総合種を受験する場合では難易度や必要な勉強量がかなり異なってきます。

いきなり AI・DD 総合種を受験する場合
  • 科目免除なし。「基礎」「技術」「法規」の 3 科目を受験する必要あり。
  • 予備知識が無い場合、「技術」は DD 1 種の内容と AI 1 種の内容をゼロから覚えなければならない
先に DD 1 種もしくは AI 1 種を取得してから AI・DD 総合種を受験する場合
  • 「基礎」の科目が免除され、受験するのは「技術」「法規」の 2 科目で良い
  • 「技術」の科目については DD 1 種もしくは AI 1 種に合格するレベルの知識を持っているため、勉強にかかる時間が大幅に短縮される(※)

※工事担任者 AI・DD 総合種の「技術」の試験には DD 1 種と AI 1 種の「技術」の内容がそれぞれ大問 5 問ずつ出題されます。つまり、半分は既に知っている分野からの出題となるのです。

工事担任者試験に出題される ICT (情報通信技術) に関しては受験者によって予備知識の有無に大きく差があるため、どちらを選択するのが良いとは一概に言えません。

例えば、僕は昔から ICT (情報通信技術) について趣味で勉強してきましたし、電子工作にも興味があったので電子回路やディジタル回路についてはある程度知っている状態でした。

このような予備知識がある前提なら、AI・DD 総合種をいきなり受験してもそれほど苦労することはないでしょう。

あるいは、予備知識は全くないけれど記憶力には自信があるという方なら難なく合格してしまうかもしれません。

しかし、横文字だらけの ICT (情報通信技術) や知識ゼロからでは理解するのに時間がかかる電気・電子回路などが苦手だという方は、無難に DD 1 種か AI 1 種を取得してから AI・DD 総合種にステップアップするのが良いと思います。

まずは過去問を見てみて、どちらのルートを辿るべきか判断されると良いでしょう。

スポンサーリンク

工事担任者AI・DD 総合種の勉強方法・参考書

工事担任者 AI・DD 総合種の試験対策には “この 2 冊をしっかり理解しておけば合格できる” という、合格者のほとんどが利用している参考書があります。

僕が工事担任者 AI・DD 総合種を受験して合格した際に利用した参考書もこれからご紹介するシリーズの参考書です!

ここでは、まずその 2 冊の定番の参考書をご紹介し、それらを使って合格するための勉強方法をご紹介します!

工事担任者 AI・DD 総合種の合格者が使っている参考書

工事担任者科目別テキスト わかる AI・DD 総合種「技術・理論」第 3 版

工事担任者の試験対策と言えばこのリックテレコム社の書籍です!

僕が工事担任者 AI・DD 総合種に独学で一発合格した際にもこのシリーズの参考書を使用しました!

豊富な図解とわかりやすい解説

出題のポイントを押さえながら、図表を豊富に使用し、わかりやすく丁寧に解説しています。

“電気通信” という目に見えない技術・理論を理解する上ではこの図表が理解の手助けになります!

見やすく、学習しやすい見開き構成

解説と図表を 1 項目でセットにまとめ、見開き構成に収めました。メリハリのついた計画学習に最適の教材です。

試験カリキュラムに沿い、演習問題も随所に掲載

実際の試験問題を徹底分析し、分野別・テーマ別に整理して編集。各章末には練習問題も掲載し、理解度の確認も大変しやすくなっています。

工事担任者 2019 春 AI・DD 総合種実戦問題

上記の工事担任者科目別テキスト わかる AI・DD 総合種「技術・理論」第 3 版 で一通り勉強を終えたら、続いてはこの実践問題集に進みましょう!

最新試験問題と予想問題で万全の対策

前回(2018 年11 月25 日)の試験で出題された試験問題 に、1 問ずつていねいな解説を付し、見開きページで簡潔にまとめられた参考書です。

さらに、出題傾向に即した予想問題を実際の試験と同形式で多数収録し、実力がしっかりと身に付く充実した解説が掲載されています。

このほか、随所に類題も掲載し、バランスの取れた受験学習が可能です!

出題傾向を徹底分析

「基礎」、「技術・理論」、「法規」の各科目ごとに出題分析ページを設け、前回の出題傾向を個別の問題レベルまで掘り下げて分析しています。

このため、合格を意識したより具体的な受験対策と、無駄のない効率的な学習を実践することができます。

試験直前で役に立つ「重点項目の総まとめ」付き

出題のポイントとなる重点項目を、各テーマごとに厳選し、短時間で学べる総まとめ形式で掲載しています。

問題を解く前の予備学習、試験直前の総整理など様々なシーンで、知識の強化を図ることができます。

工事担任者 AI・DD 総合種の勉強方法

まずは 科目別テキストで基礎固めを行いましょう。

先ほどご紹介した通り、上記書籍は工事担任者を初めて受験する方向けに基礎から解説されています。基礎に時間をかけて理解できているのとそうでないのとでは、後々の勉強の進み方に大きな差がでてきます。

目安としては 科目別テキストを 3 週行い、丸暗記ではなくしっかりと理解していきましょう。

1 週目はどうしても時間がかかってしまいますが、2 週目、3 週目は意外とサクサク進みます。

その中で理解が不十分な箇所が見つかり、たまに立ち止まってじっくり見直すことで合格するための実力がついていくでしょう。

標準テキストを終えたら、実践問題集に取り掛かり、過去問の傾向をつかんでいきましょう。

実践問題集の解説を読んでもわからない部分があれば、科目別テキストの該当するページを読んで復習をします。

実践問題集も 3 週くらい行えるように勉強計画を立てましょう。

この他の勉強方法は?

工事担任者のように暗記がメインの資格試験では、綺麗にノートをまとめたり、覚えたい内容をだらだらとノートに書くことは効率の悪い勉強方法です。

  • 綺麗にノートをまとめるのは時間の無駄!
  • 音読こそ最強の暗記方法!

お勧めの勉強方法は以下の記事にまとめていますのでご覧ください!

お勧めの勉強集中グッズ!

最大限集中して勉強するには、良い環境の構築が不可欠です!

もし周りの騒音が気になるようでしたら、キングジムデジタル耳栓「MM2000」がその悩みを解決してくれるかもしれません!

僕はデジタル耳栓「MM2000」を使用し始めてから、自宅ではかなり集中して勉強や読書ができるようになりましたし、ちょっとした小旅行に行く際に交通機関に乗っている間も快適に過ごせるようになりました!

以下の記事では、キングジムデジタル耳栓MM2000」がノイズキャンセリングイヤホンと比べて優れている点や、実際に使ってみて軽減できる音・出来ない音などの使用感をレビューしていますのでよろしければご覧ください!

おわりに

工事担任者 AI・DD 総合種の資格は、今回ご紹介した 2 冊の書籍を使ってじっくり勉強すれば必ず合格できます。

皆さんが工事担任者 AI・DD 総合種に合格するという目的を果たし、電気通信主任技術者 (伝送交換・線路) の資格にステップアップするための参考になれば幸いです!

当ブログには電気通信主任技術者 (伝送交換)・(線路) を受験される方向けの勉強方法や参考書をご紹介したコンテンツも用意しています!