ケータイ乗り換え.comで電話かけ放題・維持費300円のソフトバンク回線に乗り換えた体験談【口コミ】

モバイル・ネット回線

こんにちは!ビルメン米造です。

前回の記事では、Docomo回線から電話かけ放題で月額300円のソフトバンク回線にMNP乗り換えをするための初期費用を安くするために、ケータイ乗り換え.comおとくケータイ.netにそれぞれ問い合わせを行いました。

前回の記事:ケータイ乗り換え.comとおとくケータイ.netに問い合わせてソフトバンクMNP乗り換えの初期費用を比較してみた

ケータイ乗り換え.comとおとくケータイ.netに問い合わせてソフトバンクMNP乗り換えの初期費用を比較してみた
こんにちは!ビルメン米造です。 この記事は以下の記事の続きです! 携帯料金プランの見直しで通信費節約+最新スマホ端末もゲット!通話し放題で維持費300円は本当だった! ガラケーの維持費を最安に抑えたいと考えていた僕...

問い合わせの結果、僕がMNP乗り換えを行った時点で端末代金が安いのはケータイ乗り換え.comでした。

今回は、MNP乗り換えの手続きを進めるためにケータイ乗り換え.comとやりとりした内容、DocomoのMNP予約番号取得方法、そして契約をソフトバンクに切り替えて実際に使えるようになるまでの流れを画像つきで詳しく紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MNP乗り換え完了までの手続きの流れ

ケータイ乗り換え.comを使ってソフトバンクにMNP乗り換えを完了させるまでの流れは以下の通りです。

  1. 代理店のケータイ乗り換え.comに電話で契約者情報を伝える
  2. DocomoのMNP予約番号を取得(3.の契約手続きで使用します)
  3. WEBフォームからソフトバンクの契約手続きを行う
  4. ケータイ乗り換え.comからガラケー端末等が発送されるので受け取る
  5. Docomo回線からソフトバンク回線に切り替える手続きを行い利用開始

いろいろと面倒くさそうに見えますが、全て郵送やWEB上で済ませられる手続きのため、煩わしさは全くありませんでした。

参考までに、僕が今回これらの手続きを完了させるまでの時系列を紹介しておきます。

  • 2018/10/2 18:20 上記1.の手続きを行う。
  • 2018/10/3 11:30 上記3.の手続き。2.のMNP予約番号取得は同じタイミングで行いました。
  • 2018/10/5 16:38 ガラケー端末等到着(上記4.の手続き) ただし、不在であったため、実際にガラケー端末等を受け取ったのは10/6の午前中。
  • 2018/10/6 12:00 上記5.の手続きを行い、ソフトバンク回線で利用開始

こんな感じです。5.の切り替え手続きは、ガラケー端末に同封して送られてくる書類を見ながら自分で行う手続きのため、10/5に郵便物を受け取れていれば、10/5には手続きが完了してソフトバンク回線の利用が開始していたことになります。

たったの4日で手続きが完了してしまう手軽さです。本当にめちゃくちゃ簡単にできますよ!

ちなみに、乗り換え前のDocomo回線については、5.の切り替え手続きを行った時点で自動的に廃止手続きが実行されます。Docomoに対して行う手続は2.のMNP予約番号の取得だけ。めっちゃ楽!

大まかな流れとしてはこの通りです。

それでは、1~5の手続について詳しく説明していきます!

1. 代理店のケータイ乗り換え.comに電話で契約者情報を伝える

ケータイ乗り換え.comに料金プランや端末代金について問い合わせを行い、返信メールが来たところまでは前回の記事に書いたとおりです。

前回の記事:ケータイ乗り換え.comとおとくケータイ.netに問い合わせてソフトバンクMNP乗り換えの初期費用を比較してみた

ケータイ乗り換え.comからの返信メールには、「もし、ご興味頂けましたら、ご返信か0120-***-***の◯◯(担当者名)まで御連絡を頂ければ幸いです。 」と記載があったので、手続きを進めたいという旨をメールで返信してみました。

返信した内容は次の画像の通りです。事前に調べたネット上の情報の中に、「ケータイ乗り換え.comで乗り換えを行うには店舗まで行かなければいけない」という情報がありましたので、郵送だけで可能ならお願いしたいという文面にしました。

結論としては、上記の手続きの流れにも書いた通り、全て郵送で手続き可能です!

ネット上の情報ウソばっかり ┐(´ー`)┌ ヤレヤレ

メールを送信すると、すぐにケータイ乗り換え.comの担当者の方から電話がかかってきましたので、この電話でそのまま手続を進めてもらいました。

基本的には聞かれたことに答えるだけで、住所氏名やMNPを行う電話番号など契約に必要な情報を伝えたら電話終了。

この時に任意の4桁の暗証番号を設定する(伝える)のですが、この暗証番号は乗り換え手続きの一番最後に旧キャリア回線からソフトバンク回線に切替を行う際に必要になりますので、絶対に忘れないように控えておきましょう!

ケータイ乗り換え.comの方とやりとりをするのはこの電話1回のみです。

次の手続のステップはソフトバンクの契約手続きです。ソフトバンクから契約手続きを行うためのWEBページのURLが記載されたメールが送られて来るのを待ちます。

その手続で旧キャリア(僕の場合はDocomo)から転出するためのMNP予約番号を入力する欄がありますので、事前に取得しましょう。

スポンサーリンク

2. 旧キャリアのMNP予約番号を取得

僕はDocomoを使用していましたので、DocomoのMNP予約番号を取得する方法を説明します。

こちらで紹介している方法は、Docomoの各種手続きをオンラインで行える「My Docomo(マイドコモ)」というサービスを利用した方法です。

My Docomoとかよく分からないという方は、ドコモショップの店員さんに「MNP予約番号を取得したい」と言えば取得できます。

実店舗は夜間の手続ができませんし、待つのもイヤなので僕はオンラインで取得しました。

では手続き方法です。ここで紹介している画像はPC版のMy Docomoの画面です。

My Docomo:https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/

1.「契約内容・手続き」を選択します。

2.「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択します。

3.「解約お手続き」を選択します。

4. 注意事項をよく読み、チェック欄にチェックを入れて「次へ」を選択します。(似たような手続きが何度か続きます)

5. 謎の「お得なお知らせ」を華麗にスルー(*)して「MNP手続きを続ける」を選択します。

(※)どうせ引き止めだろうと思ったので無視しましたが、本当にお得なお知らせかもしれません(笑)

6.「携帯番号ポータビリティを予約する」にチェックを入れて「次へ」を選択します。

7.「手続きを完了する」を選択します。

8. MNP予約番号が発行されます。このあとの手続きで必要になりますので控えておきましょう。

予約番号だけでなく有効期限も手続き時に入力しなければいけませんので忘れず控えましょう。

控え忘れてもMy Docomoのページに再度アクセスすれば予約番号等を確認することができます。

以上でMNP予約番号が取得できました!

ソフトバンクから手続きを行うWEBページのURLが記載されたメールが来るのを待ちます。

スポンサーリンク

3. WEBフォームからソフトバンクの契約手続きを行う

ソフトバンクから次の画像のようなメールが届きます。

記載されているURLにアクセスして契約手続きを進めましょう!

1. ログインする

最初にケータイ乗り換え.comの担当者に伝えたものと同じ情報を入力しましょう。

受付番号は最初から入力されています。※この画像では受付番号にモザイクをかけています。

2. 「申し込み内容確認書」を確認・同意する。

①~④は自分でチェックを入れることが可能ですが、⑤は閲覧必須となっているためリンクをクリックして一度開かなければいけません。

開くと自動的に確認欄にチェックが入ります。

3. MNP予約番号と有効期限を入力する。

事前に取得しておいたMNP予約番号有効期限を入力すれば手続き完了です!

以上でソフトバンクの契約手続きは終了です。簡単ですね!

ちなみにこのあと、ソフトバンクによって簡単な審査が行われます。

世の中にはケータイ乗り換え.comで行っているようなキャンペーンを利用して安く手に入れた端末を転売して稼ぐ人がおり、数ヶ月などの短期解約を繰り返す人は携帯業界のブラックリストに載せられてしまい、以降の契約ができなくなってしまう可能性があります。

以前のキャリアを数年間普通に使っていた人ならまず問題ないでしょう。

4. ケータイ乗り換え.comからガラケー端末等が発送されるので受け取る

ケータイ乗り換え.comから、ガラケー端末と書類が同封された郵便物が届きます。

ガラケー端末代金を代引きで支払わなければなりませんので、現金を準備しておきましょう。

依頼主(発送元)はライト通信となっています。ケータイ乗り換え.comの運営会社です。

いくつかの書類に必要事項を記入して、同封されているレターパックを使用してケータイ乗り換え.comに返送します。

そして、この中に「新しいソフトバンク携帯電話機のご利用開始方法について」という案内がありますので、これに従ってDocomo回線をソフトバンク回線に切り替える手続きを行います!

次はいよいよ手続きの最後のステップです!

5. Docomo回線からソフトバンク回線に切り替える

次の画像のような「新しいソフトバンク携帯電話機のご利用開始方法について」という書類が同封されています。

ここに記載されている「ソフトバンクMNP切替センター」に電話をして回線切り替えの手続きを行います。

電話先の対応は全て音声ガイダンスで行われます。

ガイダンスに従って必要事項を入力していけば良いだけです。すぐに終わります。

この案内には少々分かりにくい部分があるので補足しておきます。

案内の中に「①新しいソフトバンク携帯電話機・現在お使いの他社の携帯電話機両方の電話機の電源をお切りください ②(省略)、次の連絡先にお電話いただき、(省略)」とあります。

想像してみてください。新しい携帯古い携帯の両方の電源を切ったら、どうやってMNP切替センターに電話するのでしょうか。

家に固定電話があったり、家族などと住んでいるなら携帯を借りるなどして電話をする手段がありますが、一人暮らしで乗り換え前の電話回線しか持っていない人はお手上げ状態となってしまいます。

ちなみに僕はたまたま同じ時期に新しく契約した音声通話のできる格安SIM回線を持っていたので、その回線を使って電話をしました。

この謎についての答えは、MNP切替センターの自動応答のガイダンスが教えてくれました。手続きの最後に、次のようなガイダンスがあったのです!

「この電話が終了したら、おかけになっている携帯電話機の電源を切ってしばらくお待ち下さい」

文言は同じではないと思いますが、こういうニュアンスのガイダンスです。

つまり、MNP切替センターに電話をする時点で活きている電話回線は乗り換え前のキャリア(古い携帯電話機)の回線ですので、古い携帯電話機で電話をして、通話終了後に電源を切れば良いということです。

電話終了後に待つ時間については、案内に「③上記の電話連絡から約10分~15分後ソフトバンク携帯電話機の電源を入れ(省略)」とありますので、15分程度待てば良いでしょう。

最後に、案内にある発信テスト番号に電話をかけて、ソフトバンク回線への切替完了です!

しばらくすると古い携帯電話機の電波強度の表示が「圏外」になります。

また、My DocomoなどのDocomoのサービスが利用できなくなりますので、これをもってDocomoとの契約が終了したことがわかります。

知っておいたほうが良い注意点!

購入したガラケー端末に充電器はついていない

送られてくる端末はこの画像のもので全てです。

バッテリーパックやSIMカードはあらかじめ装着された状態で届きました。

届いた端末の電池残量は20%程度。充電器を買うしかないです!

僕が購入したガラケー端末・AQUOSケータイ2micro USB 2.0のケーブルで充電出来ますので、早速Amazonで探して買いました!

ついでに端末を置くだけで充電できる便利なクレードル(卓上ホルダー)も購入。

ちなみに、僕は持っていたので買いませんでしたが、充電するにはUSB充電器を持っていたほうが便利ですので、持っていない場合は一緒に購入することをお勧めします!

USB充電器がなくてもPCのUSBポート等にmicro USB 2.0のケーブルを接続すれば充電可能なのですが、USB充電器を使ってコンセントから充電したほうが充電速度が圧倒的に速いです!

届いたケーブルクレードルがこちらです!

ソフトバンク純正 AQUOSケータイ2対応 卓上ホルダー(SHEGC1)

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

Micro USB 2.0 ケーブル

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る(検索結果)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る(検索結果)

Anker PowerPort 2 Elite (24W 2ポート USB急速充電器)

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

充電セット完成!

電話帳の移行方法

他社ガラケーからソフトバンクの4Gガラケー(AQUOSケータイ2DIGNOケータイ2)に電話帳を移行する方法は2種類あります。

1つ目は、MicroSDカードなどを使って端末間で電話帳を移行する方法です。

2つ目は、以下の手順で移行する方法です。

  1. ソフトバンクショップに設置されている専用機器を使い、電話帳のデータをソフトバンクのサーバ上に保存する
  2. 4Gガラケーに「あんしんバックアップ」 のアプリをインストールし、サーバ上に保存した電話帳をダウンロードする

あんしんバックアップ | ソフトバンク

僕が使っていたDocomoのガラケーはMicro SDカードが使えないため、2つ目の方法で電話帳を移行する必要があります。

まだ電話帳の移行作業を行っていないため、移行が完了したら詳しい方法をまた追記します!

不要なサービス(パック)を解約することを忘れないこと!

ソフトバンクの回線に切り替えた時点ではあんしん保証パックケータイ基本パックというサービスを利用している状態ですので、不要な場合はこの2つのサービスを解約することを忘れないようにしましょう!

・あんしん保証パック  540円/月(翌日解約可能、初月は日割りです)
・ケータイ基本パック  540円/月(翌日解約可能、初月は無料です)

それぞれのパックのサービス内容は以下の公式サイトで確認してください。

あんしん保証パック 

ケータイ基本パック

サービスの解約はソフトバンクの各種手続きをオンラインで行えるMy Softbankから行えます。

My Softbank : https://www.softbank.jp/mysoftbank/

使い方がわからない方はソフトバンクショップで店員さんに手続きをしてもらいましょう。

ちなみに、初めてMy Softbankを使う時点ではパスワードが分からない状態ですが、「パスワードが分からない方はこちら」というリンクをクリックして電話番号を入力すればSMSでパスワードが送られてきます。

おわりに

世の中には知らないと損をする・知っていると得をするサービスなどが色々とありますよね!

通信費は毎月の出費になりますので、今回紹介したケータイ乗り換え.comなどのキャンペーンをうまく利用して節約したいですね!

今回通信費を見直すに至った経緯などは以下の記事で紹介しています。

料金プランの見直しで通信費節約+最新スマホ端末もゲット!通話し放題で維持費300円は本当だった!

料金プランの見直しで通信費節約+最新スマホ端末もゲット!通話し放題で維持費300円は本当だった!
こんにちは!ビルメン米造です。 みなさん、定期的に通信料金の見直しをしていますか? 最近は家庭用インターネット回線なら光コラボ、モバイル回線なら格安SIMなどで各社が競ってお得な新プランを提供しているため、昔契約したプランを見直...

僕はポイントをうまく使った節約なども行っており、以下の記事で紹介しているPontaポイントを使ってローソンの商品を貰う「ポン活」も知っていると得をするサービスの1つですので、よろしければ読んでみてください!

【ポン活】2018年10月前半にお試し引換券で貰った商品とポン活人気商品の動向まとめ!

【ポン活】2018年10月にお試し引換券で貰った商品とポン活人気商品の動向まとめ!
2018年10月のポン活記録です!この記事では、ポン活(ローソンお試し引換券)で貰った商品の紹介や、これからポン活を始めようという方が知っておくと良い情報などを紹介しています!ポン活に興味のある方は是非ご覧ください!