乾燥対策に山善の加湿器MZ-F302を購入!動作音や加湿性能のレビュー!

加湿器

こんばんは!ビルメン米造です。

ここのところ喉の痛みが続いており、ほっときゃ治ると思い放置して1週間が過ぎましたが、全く治る気配が無いので耳鼻咽喉科に行ってみました。

鼻から細い管を入れて喉の様子を診てもらうと、「喉が荒れていますね。典型的な乾燥による症状です」とのこと。

部屋の湿度が30%以下になると、喉の荒れ、痛み、痰がからむなどの症状のほか、粘膜の機能が低下して風邪にかかりやすくなるそうです。

この季節はただでさえ乾燥している上に、暖房器具を使うことで更に部屋が乾燥してしまいますよね。

部屋に加湿器を置くと良いですよ、とアドバイスを頂いたので、さっそく加湿器を購入することにしました!

貧乏ビルメンの僕は娯楽には金をかけませんが、住環境や体調管理には気をつけていますので、喉の痛みの治療・予防になり、部屋が快適になるのならば出費は惜しみません!

というわけで、どの加湿器が良いかとネットの情報を物色することにしました。

結論として購入したのは山善(YAMAZEN)MZ-F302という超音波式加湿器です。

この記事ではMZ-F302を画像つきでレビューしていますが、購入に至るまでに調べたことなどをグダグダと書いていますので、MZ-F302のレビューだけ読みたい方はページ下部まですっ飛ばしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低価格加湿器の加湿方式は「スチーム式」か「超音波式」

出費は惜しみません!(ドヤ)なんて言いながらも、結局金が無いので予算は5000円程度と考えて安めの加湿器を買うことに。

加湿器の加湿方法には種類があり、一般家庭用には「超音波式」「スチーム式」「気化式」「ハイブリッド式」の4種類があります。

「気化式」と「ハイブリッド式」は、主に8000円以上するような高級な加湿器に採用されている方式で、今回の予算内で買える加湿器はほとんどが「スチーム式」か「超音波式」でした。

加湿器の詳細について説明するのはこの記事の主題ではないので、それぞれの方式の詳しい説明は省きます!

さて、今回僕が加湿器を選択する上で重視したのは電気代連続稼働時間動作音の3点です。「スチーム式」と「超音波式」について、上記3点に着目して調べた結果をまとめました。

スチーム式超音波式
電気代1時間あたり4~9円など。高い!1時間あたり0.5~1円など。安い!
連続稼働時間水タンク容量次第水タンク容量次第
動作音給水音、沸騰音給水音、振動子の駆動音

スチーム式電気代高っ!仮に1時間7円、家で活動中+睡眠中に毎日10時間使うとしたら1ヶ月で電気代2100円?ありえねー!!

それなら最初から電気代が安くて機能も充実している高級な気化式の加湿器買うわ!

ってことで加湿方式は超音波式に絞って選ぶことにしました。

スチーム式はスチーム式で、もちろんメリットはあるのですが、ここでは割愛します。

連続稼働時間については、活動中+睡眠中の稼働で10時間くらいは給水し直さなくても使えるものを探しました。でもタンクがデカすぎるのもダメ。

なぜかというと、安価な超音波式の加湿器には除菌機能がついていないものが多く、毎日水を入れ替えなければ水が腐敗してしまい、結果的に部屋中に雑菌を撒き散らしてしまうというデメリットがあるからです。

ズボラな僕には毎日水を入れ替えるなんてことはできないので、なまじ水タンクの容量が多くて頻繁に給水をしなくて良い加湿器を買ってしまうと、腐敗したミストを浴び続けることになってしまうのです。

以上のことから、超音波式で10時間前後の稼働時間、そして僕の部屋が10畳なので、10畳くらいの加湿能力のある加湿器を探しました。

アロマ機能?そんなもんイラネーヨ´∀`)=⊃)`Д゚);、;’.

そして見つけた山善の超音波式加湿器MZ-F302!

価格コムやAmazonを物色したところ、すぐに条件を満たす加湿器を発見しました。

山善の超音波式加湿器MZ-F302です!

MZ-F302のスペックは以下の通り。

  • 価格(購入価格):¥4,980
  • 本体サイズ:幅21.5×奥行22×高さ33.5cm
  • 本体重量:1.4kg
  • 消費電力:26W
  • 電気代目安(1時間あたり):約0.7円(1kWh当り27円として計算)
  • 最大加湿量:300ml/h
  • 水タンク容量:3.0L、連続使用時間:強運転時=約10時間 ※室温・湿度による
  • 適用床面積目安:木造和室=約5畳まで、プレハブ洋室=約8畳まで
  • 加湿方式:超音波式
  • 7色のイルミネーションライト付き(加湿運転中のみ使用可能)
  • 吹出しノズルはツインノズル(360度回転式)
  • 抗菌カートリッジ付き
  • 給水ランプ付き
  • 付属品:掃除用ブラシ
  • オートOFF機能、電流ヒューズ
  • 電源コード長さ:1.5m

なんと僕が希望する条件にピッタリじゃないか!しかも抗菌機能付き!

早速購入して商品が到着したので、写真とともに紹介していきます!

写真撮影が下手すぎて暗い感じに写ってしまいましたがご容赦ください。

まずは本体。サイズは小さく(幅21.5×奥行22×高さ33.5cm)、重量も1.4kgしかないので、タンクに水を入れていなければ片手で軽々と持てるサイズ・重量です。

 

吹き出しノズルは360度回転可能で、画像のように2方向に吹き出すことができます。

2つのノズルを同方向に向けて、1方向に強く吹き出すことも可能です。

写真ではか弱い蒸気が噴出しているように見えますが、実際にはもっとモワモワと噴出していますよ!

水タンクの下部と本体下部です。キャップを外して容易に給水することができます。

抗菌カートリッジです。なにやら薬剤が入っていますね。

一応毎日きちんと水を入れ替えるつもりではいますが、やはり抗菌機能があると安心感が増しますよね!カートリッジの寿命は、1日8時間運転した場合半年だそうです。

電源ON/OFF・加湿強度の設定を行う部分です。

LIGHTのボタンはイルミネーションランプのON/OFF、色設定ボタンです。

イルミネーションランプ点灯時の様子です。

この2枚は明るい部屋で紫・青に点灯した様子。

以下の6枚は暗い部屋で点灯した様子です。綺麗ですね!使わないけど!

 

MZ-F302を使ってみた感想

MZ-F302を1週間使ってみて感じたことは以下の通り。

【良い点】

喉が痛くなくなり、寝起きの喉の不快感も減りました。明らかに部屋の環境が良くなっていると感じますので、加湿の役割は十分に果たしてくれています!

【気になる点】

購入前の調査で分かっていたことですが、動作音がします。

水をミスト状にする振動子の「ブーン」という動作音と、水タンクから本体へ給水される際の「ポチャポチャ」といった給水音の2種類の音が鳴ります。

音がうるさくて寝られなかったり、睡眠中にこの音に起こされたり、勉強・読書への集中が妨げられるような大きな音ではなく、許容できる程度の音なので大して不快感はありません。

安物の加湿器なので動作音は仕方ありませんね。高級な気化式の加湿器は静音性能にも優れているようです。

この他には全く不満な点はありません。

追記:2018/01/03

布団に入って安静にしている時に動作音・給水音が気になることがあったので、本体の周りにバスタオルを巻きつけることでそこそこ消音できました!

住環境は大切!

実は、ビルメンの仕事をしていても、テナントから加湿器や除湿機を貸して欲しいという要望が来ることがあります。他にも、うちの会社では、空調の調整や蛇口の水圧の調整など、身の回りのちょっとしたことに対応しています。

しかしながら、貸し出している加湿器の加湿方式が何なのかなんて気にしたことすらなかったので、今回の加湿器購入はいい勉強になりました。ちなみに貸し出していた加湿器は気化式の高級品でした!持って帰りたかった

仕事をするにしても、部屋で勉強をしたりくつろぐにしても、室温や湿度を適切に保つことは、作業の効率や質に影響してくるので非常に大切だな、と改めて感じました。

加湿器に続き、来年の梅雨の時期には毎年お世話になっている「水取りぞうさん」を卒業し、マイルームに除湿機でも設置してみようと考えています!

今回購入した山善の加湿器MZ-F302は最低限の機能しかついていませんが、値段もリーズナブルで、なによりきちんと部屋が加湿されていることを実感できるので、大変良い買い物をしたと満足しています!

以上、部屋の乾燥対策に山善の超音波式加湿器MZ-F302を買った話でした!

2018/11/11追記

MZ-F302を購入して本記事を公開したのは2017年末ですが、2018年末の乾燥シーズンにもMZ-F302は活躍中です!

値段が安くて性能の良い加湿器を探している方にはオススメです!