【ワキガ】ミョウバン水と重曹水の消臭効果を理解して賢くニオイ対策!【足の裏】

こんにちは!ビルメン米蔵です!

夏が近づいてきましたね!

デブで汗っかき、ワキガ持ちの僕には辛い季節ですが、ワキガの臭いに関しては最高のデオドラントに出会えたことであまり悩まずに済むようになりました。

僕のワキガエピソードやワキガによく効くデオドラントの紹介記事はこちら↓

重度のワキガ持ちの僕にはデオナチュレは全く効果がありませんでした!悩んだ末に出会った海外製のデオドラントがめちゃくちゃ効いて人生変わったので、同じようにワキガに悩む方にお勧めしたいと思います!

とはいえ、普通に汗はかきますし、なんだかんだで臭いが気になる季節なので、デオドラントを使用する以外にも生活の中でいろいろと臭い対策を行っています。

臭い対策といえばミョウバン重曹を用いる方法が有名ですが、皆さんはそれぞれの消臭効果の原理をしっかりと理解して使用できているでしょうか。

風呂に入れるならミョウバンと重曹どっちがいいのかな?洗濯に使うなら?浸け置きするなら?「消臭効果があると聞いたのでなんとなく」という理由だけで、どちらか片方だけを使っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなミョウバン水と重曹水の消臭効果の原理を解説します!

この記事を読めば、「足のニオイに効くのはミョウバンと重曹どっち?」「ワキガのニオイにはどっち?」「洗っても落ちない汗臭さの消臭にはどっち?」といった疑問も解消することでしょう!

また、記事の最後に僕が使い続けているミョウバン重曹のお勧め商品を紹介しています!


ミョウバンの消臭効果の原理

化学的な難しいところの説明は省きます(僕もよく分かりません)が、ミョウバンの消臭原理を知る上で一つだけ覚えておいてほしいことがあります。

ミョウバンを水に溶かすと弱酸性を示します

この弱酸性という性状が様々な消臭・防臭効果をもたらしてくれます。

殺菌作用がある

ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。

雑菌は酸性の環境では満足に繁殖することができないため、ミョウバンを含むデオドラントなどを皮膚に塗布することで雑菌の繁殖を抑制し、結果的に臭いが抑えられるのです。

中和消臭作用がある

身体からは様々なニオイの素となる成分が出ていますが、特に強烈なニオイを発する成分は汗に含まれるアンモニアです。

アンモニアはアルカリ性であるため、酸性のミョウバンと触れることで中和され、ニオイを抑えることができます。

収れん作用(制汗作用)がある

ミョウバンに含まれる成分が汗腺の導管周囲に働くことで汗そのものを出さなくする効果があります。

具体的には、ミョウバンに含まれる成分が汗腺の導管付近に炎症を起こして出口を塞ぐ、成分が汗腺に入って出口を塞ぐ、成分が表皮の角質を角化させる、などさまざまな説があります。

これらの現象のうちどれか1つではなく、この全てが起こっているのではないかとも言われています。

重曹の消臭効果の原理

こちらも化学的な詳しい話は省きますが、一つだけ覚えておきましょう!

重曹は水に溶かすと弱アルカリ性を示します。

ミョウバン水は酸性という性状を利用して消臭を行うものでしたが、アルカリ性の重曹水はどのような効果があるのか見ていきましょう!

中和消臭作用がある

ミョウバン水と同じじゃないか!と思った方もいるでしょうけれど、効果は逆で、重曹水はアルカリ性であるという性状を利用して酸性のニオイを中和します。

ニオイの基となる成分はアルカリ性のアンモニアだけではなく、何百種類という成分が入り混じっていて、その中には酢酸脂肪酸など酸性の成分もあります。

脂肪酸の中でも代表的な成分が、足の裏から発せられる特有のニオイの基となるイソ吉草酸です。

重曹水には、酢酸脂肪酸などの酸性のニオイ成分を中和して消臭する作用があるのです。

結局どっちを使えばいいの?

結論から言うと、答えはミョウバン水と重曹水の両方を使うべき!です!

なんじゃそりゃ!と言わずにまあ聞いてください。

前述したように、ニオイの基となる成分には酸性の成分とアルカリ性の成分の両方があります。

汗臭さの原因となるのはアルカリ性のアンモニアですが、足の裏の臭さや加齢臭などは酸性の脂肪酸などが原因です。

ミョウバン水重曹水では用途や対処できるニオイの成分が異なるため、両方を使用してニオイの対策をすることが賢い使い方なのです!

例えば、足の裏のニオイに着目してみても、それぞれ以下のような使い方ができます。

  • ミョウバン水 … 足の裏のニオイの発生を予防する効果がある
  • 重曹水 … 今すぐ足の裏のニオイを消したい場合に効果がある

洗濯物を浸け置きする場合も、お風呂に入れて入浴剤として使用する場合も、それぞれ別の効果が得られますので、「この場合はこっち!」と決めつけずに、まずは両方を試してみることをお勧めします!

両方を試してみた上で、ご自身やご家族の体質や年齢に応じて効果のある方の頻度を増やすなどして工夫すると、より快適な無臭ライフを送れることでしょう!

ミョウバンや重曹を使った洗濯物の浸け置きの効果や方法、ミョウバン風呂・重曹風呂の効果や作り方などは以下の記事で紹介していますのでよろしければご覧ください!(未公開)

ミョウバンや重曹はネット通販で大量購入がお得!

僕は定期的にミョウバンと重曹を使って洗濯物の浸け置きをしたり、ミョウバン風呂・重曹風呂に浸かっていますので、ネット通販で大量に購入しています!

ここでは安く大量に買えるミョウバンと重曹をご紹介します!

ミョウバン

僕はいつもAmazonで500gの焼ミョウバンを購入しています。

定期おトク便が利用できるので、最大15%OFFと非常におトクに購入できます!

焼ミョウバン 500g

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

重曹

重曹も同じくAmazonで購入しています。

重曹には清掃用食品用があるのですが、重曹風呂を作って浸かったりすることもありますので安全を考えて食品用を購入しましょう!

こちらで紹介している重曹は画像の「5kg」の上に小さく「食品添加物」と書いていることからわかるように、パンやケーキなどを作る際に膨らし粉としても使用できる食品用の重曹ですので安心して使用できます!

国産重曹 5kg 食品添加物

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

それぞれの特性を理解して賢く使おう!

ここまで読んでくださった方なら、タオルや洋服についた洗っても落ちない汗臭さ(アンモニア臭)には、重曹よりミョウバンのほうが効果があることは分かっていただけたかと思います。

歳を重ねて皮脂に脂肪酸が増えることで発生する加齢臭消臭には、ミョウバン風呂より重曹風呂の方が効果があります。ミョウバン風呂には加齢臭を予防する効果がありますので、加齢臭にミョウバン風呂が無駄なんてことはありません。

ニオイを「予防」したいのか、今すぐ「消臭」したいのかによって、ミョウバンか重曹のどちらを使うべきかが変わってきます。

それぞれの特性を理解して適切なタイミングで使用できるようになれば、嫌なニオイで周りを不快にすることもなくなるでしょう!

ミョウバンと重曹を有効活用して良い無臭ライフを!