実務未経験者がFP1級の受験資格を得る方法と必要な費用を解説

FP技能士
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビルメン米造
ビルメン米造

ビルメンと資格の情報ブログ「ビルメンライフ」へようこそ!

実務経験は無いけれど、FPの勉強を始めたからには 1級FP技能士(以下、FP1級と書きます)に挑戦して合格したいと考えていらっしゃる方も多いと思います。

僕もその一人で、FP3級と2級に合格しました。まだまだ先は長いです!
僕がFP3級と2級に短期間の独学で合格した際に使用した参考書と勉強方法は「3級・2級FP技能検定に独学・短期間で合格する参考書と勉強方法」でご紹介しています。

この記事では、FP実務の未経験者がFP1級の受験資格を得るための方法と、その過程で必要な費用などを紹介します!

FP技能士試験は実施団体が 2 つあり、それぞれ受験できる科目が異なります。

  • 日本FP協会 (以下、FP協会 と表記します) – 資産設計提案業務
  • 金融財政事情研究会 (以下、きんざい と表記します) – 資産相談業務

本記事で紹介する方法を元に、最終的にFP協会が実施する「CFP資格審査試験」に合格すれば、両方の実施団体のFP1級の学科試験が免除され、実技試験の受験資格が得られます

FP1級の受験資格

まずはFP1級の受験資格について確認しましょう。

日本FP協会

参考:日本FP協会 試験実施概要<1級FP技能検定>受験資格 より

FP1級の受験資格(FP協会)

金融財政事情研究会(きんざい)

参考:金融財政事情研究会 (きんざい) FP技能検定 » 受検資格と申請方法 より

きんざいのFP1級の受験資格
FP1級の受験資格(きんざい)

CFP資格審査試験の合格者はFP1級を受験できる

上記の参考サイトと画像を見れば分かる通り、CFP資格審査試験に合格すれば、FP協会 と きんざい の両団体のFP1級の学科試験が免除され、実技試験の受験資格を得られます。

実務経験のない人はCFP資格審査試験の合格を目指しましょう!

“CFP資格審査試験合格” と “CFP認定” は違います!

「FP1級 未経験」や「FP1級 受験資格」などと検索すると「FP1級を実務経験なしで取得する唯一の方法」と称して “CFP資格審査試験に合格後、みなし実務研修等を受講してCFP認定を受けることでFP1級を受験できる” と記載している記事がありますが、これは誤りです

正しくは、 CFP認定を受ける必要は無く、CFP資格審査試験に合格すれば合格日の翌々年度末までに実施される1級FP技能検定の受験資格が得られます。

また、”CFP資格審査試験に合格すれば名刺や履歴書に CFP と書いて名乗れる” と記載されている記事もありますが、CFP資格審査試験に合格しただけでは CFP とは名乗れません

CFP認定を受けて CFP と名乗るためには、CFP資格審査試験に合格した後にエントリー研修を修了し、実務要件を満たし、登録を受ける必要があります。

参考:CFP認定者になるには | 日本FP協会

CFP資格審査試験に合格すること” と “CFP認定を受けること” は全く違いますので、両者の違いを正確に認識しましょう!

さて、実務未経験者がFP1級の受験資格を得るためにはCFP資格審査試験に合格すれば良いことは分かりましたが、CFP資格審査試験は誰でもいきなり受験できるわけではありません

この点を含めて、FP1級取得までのロードマップを見ていきましょう。

CFP資格審査試験を受験する方法

実務経験の無い人がCFP資格審査試験を受験要件を満たす方法は 2 通りあります。

それぞれの方法でかかる費用や特徴を説明します。

CFP資格審査試験 受験までの【方法 1】

  1. FP3級の試験に合格 (FP3級 受験料:6,000 円)
  2. FP2級の試験に合格 (FP2級 受験料:8,700 円)
  3. AFP認定研修(技能士課程)を受講・修了・AFP登録
    ー AFP認定研修(技能士課程)受講料:8,640 円 (最安資格対策ドットコムの場合)
    ー AFP入会金(登録費):10,000 円、AFP年会費:12,000 円
  4. CFP資格審査試験を受験

まず、FP2級の受験資格を得るためにFP3級に合格します。
続いて、AFP認定研修(技能士課程)の受講資格を得るためにFP2級に合格します。
FP2級合格後、AFP認定研修(技能士課程)を受講・修了し、AFP登録を行うことでCFP資格審査試験の受験資格を得ます。

この【方法 1】でAFP登録まで済ませるために最低限必要な費用は 45,340 円です。

■ メリット
FP3級→2級→AFP研修と段階を踏むので、FPに関する初歩的なところからじっくり学べる。
方法 2】より必要な費用が安くて済む可能性がある。(自宅が受験会場の近くの場合など)

■ デメリット
国家試験を 2 度受験しなければならないため、参考書代と旅費がかかる。休日がつぶれる。
1 度でもどちらかに落ちた場合、【方法 2】より費用がかかる可能性がある。

CFP資格審査試験 受験までの【方法 2】

  1. AFP認定研修(基本課程)を受講・修了
    ー AFP認定研修(基本課程)受講料:22,000 円 (最安資格対策ドットコムの場合)
  2. FP2級の試験に合格 (FP2級 受験料:8,700 円)
  3. AFP登録
    ー AFP入会金(登録費):10,000 円、AFP年会費:12,000 円
  4. CFP資格審査試験を受験

まず、FP2級の受験資格を得られると同時にAFP登録のために必要な研修を受講できるAFP認定研修(基本課程)を受講・修了します。この基本課程を修了しただけではAFP登録は行なえません。
AFP認定研修(基本課程)終了後にFP2級に合格することで初めてAFP登録を行えるようになり、AFP登録が完了すればCFP資格審査試験の受験資格を得ます。

この【方法 2】でAFP登録まで済ませるために最低限必要な費用は 52,700 円です。

■ メリット
国家試験の受験回数が 1 回だけで良い。(FP2級のみ)
最低限必要な費用は【方法 1】のほうが安いが、参考書代や受験会場までの旅費を考えると同程度か、住んでいる場所と受験会場によってはこの【方法 2のほうが安くあがる。

総合的に見ると【方法 2】のほうが費用を抑えつつ早くAFP登録まで済ませられるでしょう。
どちらの方法を選ぶかは受験者の皆さんの都合で判断すれば良いと思います。
結果的にAFP登録を行いCFP資格審査試験の受験資格を得られることに変わりはありません。

ちなみに僕は国家試験には落ちない自信があり、試験会場が自転車で行ける距離だったので【方法 1】を選択しました。2019 年 5 月にFP3級、9 月にFP2級に合格し、本記事執筆時の 2019 年 12 月にAFP認定研修(技能士課程)に申し込んだところです。

ちなみに、 AFP認定研修は複数の機関によって実施されており、それぞれ必要な費用や修了までの期間、講座の質が異なります。

複数のAFP認定研修講座を比較して僕が選択した、受講費用が最安修了までの期間が短く質問も可お勧めの講座は、以下の 2 記事でご紹介していますので、受講を検討されている方はぜひご覧ください!

CFP資格審査試験の概要と合格までの注意点

CFP資格審査試験は全 6 科目に合格する必要があります。

科目合格の制度があるため 1 度の試験で全科目に合格する必要はありませんが、FP1級の受験資格を得るまでの費用を抑えたい方はAFP登録から 1 年以内、つまり 2 度のCFP資格審査試験で 6 科目全てに合格することをお勧めします。

その理由は単純で、AFP登録から 1 年以内にCFP資格審査試験に合格できなかった場合、2 年目のAFP年会費(12,000 円)を支払わなければならないからです。

なお、AFP登録資格を失効した場合、それまでに合格したCFP資格審査試験の科目も失効しますので注意が必要です。

CFP資格審査試験は出願する科目数によって受験料が異なります。

受験出願課目数1課目2課目3課目4課目5課目6課目
受験料(税込)5,500円9,900円14,300円18,700円23,100円27,500円

CFP資格審査試験の対策方法については、実際に僕が合格してからご紹介します。

いよいよFP1級に挑戦!

CFP資格審査試験に合格したら、いよいよFP1級に挑戦です!

CFP資格審査試験に合格している人は、FP協会・きんざい共に学科試験が免除されるため実技試験だけを受験することになります。

各団体の実技試験の実施形式と受験料は以下の通りです。

実施団体実技試験の実施形式実技試験の受験料
日本FP協会筆記試験 (ペーパー試験)20,000 円
金融財政事情研究会口頭試問方式 (面接試験)25,000 円

おわりに

ファイナンシャル・プランナーが扱う保険・金融・税制などの分野は、知っておくと得をする制度も学ぶことができ、勉強を始めると奥が深くて面白いですよね!

この記事がFP1級に合格するという目標に向かう方のお役に立てば光栄です。