Mixhost等で使用されるサーバ管理ソフトcPanelの使い方解説!

ブログ運営

こんにちは!ビルメン米造です。

最近はブログで簡単に稼げるということでブログブームになっていますが、皆さんはどのレンタルサーバを利用していますか?

ふと他の方はどのレンタルサーバを利用しているのかと思い、「レンタルサーバ 初心者 おすすめ」と検索してみたところ、初心者にオススメのレンタルサーバとしてMixHostを紹介するブログがたくさん出てきました。

MixHostはサーバの応答速度なども非常に速いというので一度使ってみようと思い、「10日間無料お試し」に申し込んでみたのです!

初心者にオススメのレンタルサーバということなので、さぞ管理画面も使いやすく、ページの表示速度も速いのだろうと期待しながら申し込みを済ませました。

すぐに「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールが届き、さあ設定するぞ!という段階で何か違和感が。

米造
米造

cPanel?なんだこれ?mixhostの管理画面じゃないのか?

とりあえずメールに記載されているユーザ名とパスワードでcPanelにログインしてみます。

米造
米造

うーん、なんだこれ、ボタンだらけでわけがわからん…

本当にこれが初心者にオススメのレンタルサーバなのか?僕が今使っているhetemlのほうが直感的に操作できてめちゃくちゃ使いやすいぞ…。

cPanelとやらの使い方を調べるのが面倒だったので、無料お試し期間だしやっぱり使うのを止めてしまおうかと思いましたが、みんなが普通に使っているものが使えず逃げ出すのも癪だったので、いろいろと調べてなんとか使えるようにしてみました。

おそらく、このページにたどり着いた方の中には、僕と同じようにみんなが勧めるMixHostを選んだものの、cPanelの使い方がわからず「mixhost cpanel 使い方」などと検索した方もいらっしゃると思います。

今回は、そんなよくわからないcPanelの使い方を、素人なりに調べた結果を紹介しようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドメインの取得とネームサーバ設定

まだ独自ドメインを取得していない方は取得しましょう。

僕はムームードメインを使用していますので、ムームードメインでのネームサーバ設定方法をご紹介します。

ムームードメインのコントロールパネルにログインし、取得した独自ドメインのネームサーバ設定変更画面に移動します。

GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」を選択し、ネームサーバ1~5に次のように入力します。(2018/09/30現在)

ネームサーバー1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2: ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3: ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4: ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5: ns5.mixhost.jp

以上でネームサーバの設定は完了です。

ムームードメインは難しい設定なども必要なく初心者にも易しい管理画面を提供してくれるので、これからドメインを取得される方にはオススメです!

cPanelにログインする方法

続いて、cPanelにログインして取得した独自ドメインの設定やWordPressのインストールを行いましょう!

cPanel(コントロールパネル)のURLとログインユーザ名・パスワードは、Mixhost申し込み完了後に送られてくるメール「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」に記載されています。

下の画像を参考に、①のURLにアクセスし、②のユーザ名・パスワードを使用してログインしてください。

cPanelにドメインを設定する方法

cPanelに独自ドメインを設定するには、画面右下の「統計」内にある「アドオンドメイン」を選択します。

アドオンドメインの設定画面では次のように入力します。

新しいドメイン名:あなたの独自ドメインを入力します

サブドメイン:任意のサブドメインを入力します(勝手に入力されるので、よくわからない方は入力された値のままでOK)

ドキュメント ルート:独自ドメインと同じ値を入力します(勝手に入力されます)

FTPアカウントについては、MixHost登録完了時に送られてくるメール「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」にログイン情報が記載されていますが、他にもFTPアカウントを作りたい場合は「このアドオン ドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します。」にチェックを入れます。

全て入力が完了したら「ドメインの追加」ボタンをクリックして設定を完了します。

ドメインの設定が完了したら、設定したドメインにWordPressをインストールしましょう。

cPanelからWordPressをインストールする方法

cPanelのホーム画面をずっと下にスクロールすると、「スクリプト」という項目の中に「WordPress」のボタンがありますのでクリックしましょう。

WordPressのインストール画面が表示されますので、ページ中ほどにある「Install Now」をクリックします。

次のように選択・入力していきましょう。

ソフトウェアセットアップ

プロトコルの選択:「https://」を選択しましょう。

※サイトのSSL/TLSを有効にするには、利用しているサーバによっては手動での設定が必要な場合もありますが、Mixhostの場合は自動で設定されるようなのでユーザ側の作業は不要です

ドメインの選択:さきほど「アドオンドメイン」で設定したあなたのドメイン名を選択します

ディレクトリ:特にこだわりがなければ空白にしましょう(「wp」を削除して何も入力しない)

サイト設定

サイト名:あなたのブログ名を入力します。あとでWordPressの管理画面から変更することができます。

サイト説明:あなたのブログの説明を入力します。こちらも後から変更可能です。

マルチサイトを有効にする必要な場合はチェックを入れましょう。不要もしくは何のことか分からない場合はチェックを入れません。

管理者アカウント

Admin Username:任意のWordPressのログインユーザ名を入力します

Admin Password:任意のWordPressのログインパスワードを入力します

管理者Eメール:任意のメールアドレスを入力します

言語の選択

言語の選択:Japaneseを選択します

Select Plugin(s)

Limit Login Attempts (Loginizer)必要な場合はチェックを入れましょう。不要もしくは何のことか分からない場合はチェックを入れません。

アドバンスドオプション

必要な項目があれば設定しましょう。

何のことかわからない場合は、最初から入力されている値を変更せずにそのまま進めましょう。

テーマの選択

WordPress上で設定できるので、ここではスルーしましょう。

インストール!!

すべての設定が完了したら、ページ最下部の「インストール」ボタンをクリックしましょう!

これでWordPressのインストール完了です!

管理者URLにアクセスし、さきほど設定したユーザ名とパスワードを入力すればWordPressの管理画面にログインできます。

独自ドメインのSSL化手順は?

ドメインのSSL対応については、Mixhostではドメインのネームサーバの設定が完了したら自動的にSSL対応が完了しますので、ユーザが行う操作は特にありません。

以下のページが参考になります。

無料独自SSLのご利用方法  – Mixhostサポート

今や個人ブログでも対応必須とも言えるSSLですが、特別な手続きを行わないとSSLが有効にならないサーバが多い中、Mixhostは自動で対応してくれるので初心者にはありがたいです!

設定完了!

以上でMixhostのcPanelに独自ドメインを設定し、WordPressをインストールすることができました。

設定した独自ドメインにアクセスして正常に表示されるか確認しましょう。