年収280万円で生活できる?低所得ビルメンの毎月の収支はこれだ!

ビルメンのお金事情

どうも、貧乏ビルメン米造です。

今日は低所得底辺ビルメンの毎月の収支を晒してみようと思います。

僕のように非正規で貧乏な方には家計のやりくりの参考にしてもらい、若い方には、こんな33歳独身おやじになりたくない!と反面教師にしてもらえれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

底辺ビルメンの毎月の収入

僕の月収はほぼ毎月固定で23万5000円です。

突発的な設備の不具合による残業や休日出勤があれば多少増額して24万円台に乗ります。そこから色々と国に持って行かれて19万円程度が残ります。

これが僕の毎月の現金収入です。

現金収入以外にも僕にとって重要な収入(?)があります。

それは、Pontaポイントです!ポイントまで収入として書くなんてどんだけ貧乏なんだ(笑)

でも、僕の生活はPontaポイントにかなり助けられているのです。

詳細は支出の項で書きましょう。

僕はメインのクレジットカードとしてリクルートカードプラスを利用していて、毎月8~10万円を支払っていますので、毎月1,600~2,000 Pontaポイントが付与されます。

現金手取り19万円と2000Pontaポイント、これが底辺ビルメンの毎月の収入です!

底辺ビルメンの毎月の支出

まずは支出です。

毎月の固定費は次の通り。

固定費
家賃+水道代¥48,500
電気代+ガス代¥10,000
通信費¥1,500
ジム月謝¥6,000
合計¥66,000

続いて流動費です。毎月の上限を以下の通りに設定しています。

流動費
食費¥40,000
サプリメント代¥10,000
生活費+雑費+学習費¥24,000
財布に現金¥20,000
合計¥94,000

固定費と流動費の合計は¥160,000です。

それぞれの支出の詳細を見ていきましょう。

家賃+水道代

家賃は¥46,000なのですが、なぜか水道代も毎月固定で¥2,500引かれています。

水なんて節約すれば2ヶ月で¥3,000くらいに収められるのですが、水使い放題と割り切って、頻繁に布団カバーを洗ったり、洗濯機の槽洗浄をしています(笑)

電気代+ガス代

電気代とガス代は合計で毎月¥10,000と計上しています。たくさんお湯や暖房を使う、まさに今の時期は¥10,000を超えることもありますが、基本的には¥10,000を超えません。

通信費

通信費はDMMの通話対応SIMプラン ライトで月額¥1,140です。これに使った分だけの電話代を加えて¥1,500と計上しています。

電話なんてする相手もいませんから、めったに合計¥1,500を超えることはありません。

格安SIMは貧乏人の味方!

ジム月謝

毎月約¥6,000の支払いです。

いつでも快適に有酸素運動をしたいと思って入会したのですが、ここ数ヶ月は幽霊会員なので辞めてしまおうかな…でも運動はしなきゃな…と悩んでいます。

ウェイトトレーニング器具は自宅に揃っているので、ジムに行かなくても筋トレはできるんです。自宅でいつでも筋トレができるのは最高なのですが、筋トレで疲れた状態からジムに行って有酸素運動をする気力が残っていないことが多くて…。

¥6,000が浮くのは魅力的ですが、それ以上に大事な物を失ってしまう気がして悩みます。

追記:ジムは辞めずに生活習慣改善の取り組みを始めました!

30代男性の筋トレ&ランニング&食事制限ダイエット!メタボ解消目指す!
こんにちは。ビルメン米造です。先日、底辺ビルメンの毎月の収支の記事↓を書いてからずっとあることに悩んでいました。出費をもっと減らしたい…食費を減らすか?固定費を減らすか?…そうだ、幽霊会員になっているジムを辞めれば毎月¥6,000が浮くじゃ

食費

ウェイトトレーニングを行っているので、栄養はきちんと取るようにしています。

なんちゃって健康ヲタクを自称していますが、夜勤ではカップラーメンを食べますし、ローソンのお試し引換券でもらったお菓子やアイスを食べまくるデブです(ノ∀`)

貧乏人にありがちな、食べる以外に楽しみが無いというヤツです(笑)

カップ麺とお菓子の類は、全てクレジットカード利用で貰えるPontaポイントを使ってローソンのお試し引換券で貰っているので、毎月の支出はゼロです。

Pontaポイントは上手く使えば1Point3円以上の価値がありますので、毎月1,000Pointくらいを消費して¥3,000分以上のカップ麺やお菓子を貰っています。

お試し引換券を使った節約方法や、過去に貰ったカップ麺・お菓子などに興味がおありでしたら、当ブログのカテゴリ「お試し引換券」をご覧ください。

サプリメント代

ウェイトトレーニング関係の栄養補助食品として、プロテイン、クレアチン、BCAA、ビタミン剤、プロテインバーを購入しています。

また、整腸剤として強力わかもとを愛用しています。強力わかもとはめちゃくちゃお勧めの整腸剤ですので、改めて記事で紹介したいと思います!

僕がトレーニングを始めた3年前はプロテイン5kgで¥10,000を超えていたのですが、最近はマイプロテインというイギリスのブランドが流行っており、サプリメントがめちゃくちゃ安く買えるようになったので大変有り難いです!

一応毎月の上限を¥10,000と設定していますが、サプリメントの在庫がある場合は出費が¥0になりますので繰り越し、翌月にまとめ買いをして¥18,000くらい使ったりします。

生活費+雑費+学習費

洗剤やティッシュなど身の回りの必要なもの、めったに買わない服や靴は生活費や雑費です。

資格取得に必要な参考書や受験費用、受験会場までの交通費は学習費に計上します。

また、資格に関係がなくても本や電子書籍の購入費用は学習費扱いです。

毎月の出費ではありませんが、このブログのドメイン代やサーバ代も雑費。

財布に現金

クレジットカードで支払える場合は全てクレジットカードで支払いますが、現金しか使えない場合のために財布に現金を入れます。

医療費や交際費の支払い用です。

貯金は?

単純計算で収入19万円に対して支出が16万円なので、3万円は毎月貯まります。

また、今回紹介した食費や生活費は上限額であり、実際には節約して生活しているので、浮いたお金は全て貯金しています。

都合4万円くらいは毎月貯金できていると思います。

意外と余裕のある生活!

地方住まいで彼女もいなくて車も保有していないおかげですが、一人で暮らしていく分には年収280万円でも意外と余裕です。

地方は車がないと生きていけない、なんて言う人も居ますが、会社へは自転車で通勤していますし、大きな荷物はAmazon等の通販で買えば持ってきてもらえますので全く不便はありません。

どうしても雨風の中急ぎで移動しなければいけないならタクシーを使いますし、事前に移動予定が立てられるならバスと私鉄で移動したり、レンタカーを借ります。そんな状況、年に1回あるか無いかですが(笑)

車のような固定費のカタマリはもはや生活必需品ではなく金持ちの贅沢品だと考えています。

低所得者が余裕のある生活ができるかどうかは、収支の管理を徹底して無駄な固定費を極力削減できるかどうかにかかっています。

僕はExcelで家計簿をつけてお金の管理をしていますので、Excelでの家計簿の作り方やお金の管理方法なども記事にして紹介したいと思います。

 

以上、底辺ビルメンの収支晒しでした!