ビルメンの資格手当はすごい?手当が貰える資格と金額の例を紹介!

ビルメン業界の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

米造
米造

資格マニアが発信する資格試験情報ブログ「資格屋」へようこそ!

今回は ビルメンテナンス業界 (設備管理業界) には必須の「資格」についての話題です。

ビルメンは様々な設備を扱うため、求められる資格の数も多い業種です。

みんな自分の仕事の幅を広げて会社・社会に貢献するために勉強して数多くの資格を取るのです!

…と言えば聞こえがいいのですが、実情はそうではありません。

何のために資格を取るのか。

ズバリ「金」です。カネ。もしくは転職して給料を含む待遇を良くするため。

私が勤めるビルメン会社も含め、ボーナスや昇給がないビルメン会社はごまんとあるのですが、そのような会社で給料を上げる唯一の方法が資格取得による「資格手当」です。

難しくて需要のある資格を取得すればそれだけ給料が上がり、転職もしやすくなるのでみんな必死に勉強するのです!

会社によっては毎月の手当ではなく資格取得一時金が支給されるそうですが、ビルメン業界で一時金が貰える会社というのは一部の系列系ビルメン会社以外には聞いたことがありません。毎月の給料に手当として加算されるのが一般的でしょう。

この記事では、ビルメン業界で資格手当が設定されている資格とその金額の例を紹介します!

ビルメン会社の資格手当の実例

資格名金額備考
危険物取扱者乙種4類500~1,000円乙4以外はもらえない会社多数
危険物取扱者甲種1,000~2,000円 
消防設備士乙種0~1,000円乙4と乙6だけ高い会社あり
消防設備士甲種500~2,000円 
第二種電気工事士500~3,000円 
第一種電気工事士1,000~5,000円 
第三種冷凍機械責任者500~2,000円 
第二種冷凍機械責任者1,000~3,000円 
二級ボイラー技士500~2,000円 
一級ボイラー技士1,500~3,000円 
第三種電気主任技術者3,000~10,000円資格を保有しているだけで貰える
第三種電気主任技術者(選任)0~10,000円選任されれば、さらに手当が貰える会社あり
第二種電気主任技術者5,000~10,000円中小独立系じゃ持て余すので手当が貰えない会社あり
エネルギー管理士5,000~10,000円 
建築物環境衛生管理技術者3,000~10,000円 

どこのビルメン会社でも手当が貰える資格はこのくらいです。金額は大体この範囲内ですが例外もあるでしょう。うちのビルメン会社の資格手当はこの範囲内です。

ビルメンは資格資格!と言う割には手当が貰える資格の数も金額もイマイチだと思いませんか?

ええ、その通りです(笑)

それでも、昇給が無い以上、少しずつでも資格を取って資格手当で給料を上げるしかないんですね。ビルメン業界が底辺だと言われる所以ですね…。

スポンサーリンク

必須の資格 “ビルメン4点セット”は全て揃えても数千円

ビルメンとして働く上で最低限必要な4種類の資格は “ビルメン4点セット” と呼ばれています。

ビルメン 4 点セットとは?

ビルメン4点セットの難易度や勉強方法は「設備資格「ビルメン4点セット」の難易度と優先順位 2021年版」で詳しくご紹介しています。

「資格を4つも持っていればそこそこの資格手当がつくんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、ビルメン4点セットはビルメンとしては持っていて当然の資格なので、4種類全て持っていてもたいした金額にはなりません。

資格手当の少ない会社なら合計 3,000 円未満でしょうし、多い会社でもこの4つだけで合計 8,000 円に達するビルメン会社はなかなか無いのではないでしょうか。

ビルメンとしての基礎の基礎が学べる資格ですし、これらの資格から難易度が高く資格手当も高額な資格にステップアップしていけば良いので、これからビルメンとして働こうと思っている方・ビルメンとして働いていてまだビルメン4点セットを持っていない方は是非取得を目指してみてください。

“ビルメン三種の神器” は難易度も資格手当もハイレベル!

ビルメン業界には、先ほどご紹介した “ビルメン4点セット” のほかに、”ビルメン三種の神器” と呼ばれる 3 種類の資格があります。

ビルメン三種の神器はビルメン4点セットとは対象的に、取得すれば年収が上がるだとか、待遇の良い会社に転職できるなんていうウワサがある難易度の高い資格です。

ビルメン三種の神器とは?

カッコ内は略称です。

三種の神器は取得できれば給料がガッツリ上がる可能性がありますが、 建築物環境衛生管理技術者 (ビル管) 以外の2つは難易度が高いので、年単位での受験スケジュールを立てて挑戦する必要があります。

ビルメン会社の規模によっては資格手当がもらえない資格もある

系列系ビルメン会社や大手独立系の会社だと各種施工管理技士建築士建築設備士などにも資格手当が設定されている場合があるそうですが、中小独立系の会社ではこれらの資格は持て余すだけなので資格手当の支給は期待できません。

また、多くの会社で資格手当の支給額の上限が定められていたり、手当の対象となる資格の数が定められているなど、資格を取れば取るほどいくらでも手当が増額するわけではありません。

結局、資格手当だけで年収を上げるという方法には限界が見えてくるので、みんな待遇の良い同業他社か他業種への転職を目指すようになります。

ちなみに私は第一級陸上無線技術士情報処理安全確保支援士試験などの資格を有していたおかげで、ビルメン業界から放送業界 (放送局の技術職) に転職することができました。

スポンサーリンク

以上、今回はビルメン会社の資格手当の実情を紹介しました!

もしこの記事を読んでくださっている貴方がビルメン会社への就職を検討しているなら、その会社は資格手当がもらえるのか金額の上限はいくらか手当の対象となる資格の数はいくつか、などを可能な限り調べることをお勧めします。

資格手当は給料が少ないビルメンの生命線です!

ところで資格手当の有無のような会社の内情なんて調べられるの?と疑問に思いますよね。

転職会議というサイトを使えば、現在その会社に在籍している・過去に在籍していた方が書いたリアルな内情を知ることができ、会社によっては資格手当の額まで記載されていることがあります。 ビルメンへの就職・転職を検討している方は無料登録必須です!

ビルメン業界への就職・転職は下調べをしっかりと!

ビルメン業界への就職・転職を業界全体のふんわりとしたイメージだけで決めてしまうと痛い目にあうかもしれません。

ビルメンはどの現場でも定時の巡回だけしてあとは事務所でネットサーフィンをしていると思ったら大間違いですし、上場しているビルメン会社なら全て待遇が良いとも限りません。

転職会議のような転職口コミサイトを使ってしっかり下調べを行いましょう!

実際に転職に利用した僕の体感ですが、 リクナビネクストには比較的高待遇なビルメン会社の求人が掲載されいますので、こちらもビルメンへ転職する際には利用しましょう!