資格マニア米造の自己紹介と経歴・取得資格、ビルメンから転職した話

資格免許証の画像ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
米造
米造

はじめまして!資格屋をご覧いただきありがとうございます!

資格屋を運営している資格マニアの米造(よねぞう)です!

この記事は、僕の経歴・取得資格・資格マニアとしての考え方の紹介、以前働いていたビルメン業界から転職した話などの「自分語り」の記事ですので、興味がある方だけお付き合いください!

運営者のハンドルネームと記事内の表記について

私事ですが、2019年10月末をもってビルメン会社を退職し、異業種へ転職しました!

2019年10月までに公開した記事のタイトルや本文に「現役ビルメン」という表現を使用している箇所があります。ビルメン会社は退職しているので現状にそぐわない表現ですが、事情により修正せずそのまま残しています。

2019年11月以降の記事には「現役ビルメン」という表現は使用していません。

米造の自己紹介

あらためまして、資格試験・検定試験の情報ブログ「資格屋」をご覧いただきありがとうございます!

このブログはこんなステータスのおじさんが運営しています!\(^o^)/

ビルメン米造ってこんなヤツ
  • 30代 独身のおじさん。自炊が好き。
  • 学歴:大卒未満(工業系)
  • もちもの:持ち家無し、車無し、学歴無し、彼女無し、髪も失いつつある
  • 目標:田舎の自然の中でひっそりと暮らしたい

夢も希望もなく、食べることと寝ること、知的好奇心を満たすための読書・勉強・資格受験が生きがいです。

地元を離れて生活しているので友人が近くにおらず、遊びに行くこともほとんど無く、食っちゃ寝食っちゃ寝の合間に勉強をして過ごした結果、2019年はこのツイートの内容の資格を取得しました。

最近は技術関係の資格の他にも、FP技能士や行政書士、日商簿記、宅建など金融・法律関係の資格にも興味があります。

僕自身が独学で取得した資格試験・検定試験の勉強方法、お勧めの参考書のほか、ビルメン業界での経験などをこのブログで紹介していこうと思っています。

資格・検定の一覧

【取得済み】

【受験中・科目合格】

  • なし

資格マニアとしての考え方

便宜上「資格マニア」を名乗っていますが、世間の方が想像する「非常に多くの検定試験に合格し、複数の資格を持つマニア」とは方向性が異なります。

僕の資格マニアとしての考え方
  • 量より質” がモットー。1年間に 10 や 20 もの試験を受験することはない
  • 資格取得数をアピールしない。そもそもカウントしていない
  • 知名度が低く合格率が高い検定試験は一切受験しない
  • 下位資格を完全に包含する上位資格を持っている場合は下位資格を取得資格に記載しない
    (例:危険物取扱者 乙種 と 甲種 を取得しているなら、取得資格には 甲種 のみ記載する)

いまのところ大した難易度の資格を持っていないので「量より質の資格マニア」を名乗るのは恐縮なのですが、ゆくゆくは高難易度の資格を複数取得することを目指して勉強を楽しんでいます!

資格取得を目指す方や勉強が好きな方と仲良くしたい

Twitter をやっています!

普段は食べ物の写真やワケのわからないことばかりつぶやいているアカウントですが、たまに資格受験関係の役立つ情報などもツイートしますので、興味があればフォローしてください!

資格試験やビルメン業界に関する質問などがあれば、Twitter (@bill_yonezou) の固定ツイートなどにコメントをいただければ、出来る限り返答しますのでお気軽にどうぞ!

ダイレクトメール (DM) は読んでいないのでスルーしてしまう可能性が高いです!

経歴

フリーター・短期転職時代

学校を進路未定で卒業してからフリーターを経て消防設備施工管理・ 電気通信工事・無線基地局工事など設備に関わる仕事を経験しました。経験したと言っても試用期間 ~ 1年未満の短期間で辞めています笑

月間休日が 5,6 日、毎日残業当たり前で手取りが 16 万円に満たないなど待遇が悪かったため仕事は長続きしませんでしたが、これらの仕事がきっかけで「設備って面白いな」と考えるようになり、電気・通信・無線関係の資格の取得を始めました。

ビルメン時代

ハローワークで設備や資格関係のキーワードで検索したら引っかかったのが地方独立系のビルメン会社でした。ビルメン業界のことなんて何も知りませんでしたが、面接に行って話を聞いてみたところ仕事が楽で面白そうだったのでなんとなく入社しました。

地方の零細ビルメン会社から始まり、東京の大手系列系まで幅広く経験しました。
東京の通勤事情が嫌すぎて系列系はすぐに辞めて地方の独立系会社に転職しました。

最後の大手独立系ビルメン会社は仕事が楽で休日数も非常に多い「天国現場」で、30 歳くらいまでは「このヌルい環境で一生過ごそう」と考えていました。

しかし、Twitter を始めていろいろな方のツイートを拝見するうちに、いい歳をして大した技能も知識も無く年収が 300 万円にも満たない状況に危機感を覚えるようになり転職活動を始めました。

趣味で勉強していたことや取得した資格を活かせる会社に運良く採用され、ビルメン人生の終焉を迎えました!

ビルメン時代の仕事内容と待遇 (年収・休日数・残業時間)

ビルメン時代の待遇は、年収 280 万円(昇給なし、ボーナス無し、資格手当あり)、基本残業なし (残業した場合は残業代あり)、年間休日 125 日程度でした。

労働時間は日勤の場合は 8 時間、夜勤(宿直)は 24 時間勤務ですが夜中に 3 ~ 5 時間程度仮眠がとれます。残業時間はほぼゼロです。発生しても月に 5,6 時間程度。

正直、年収が低いこと以外は最高の待遇でした。

仕事内容ですが、オフィスビルの地下にある防災センターというところで勤務していて、出入りする業者の対応、定時点検、ビル内のテナントからの要望・苦情対応、アラームが発報した際の初期対処などの業務を行っていました。

何事も起こらなければとにかく暇な職場で、ぼーっと事務所で過ごして引き継いで勤務終了です。いわゆるビルメン天国現場でした!

長くなるのでビルメンの待遇や仕事内容についての詳細は別記事に書きますが、簡単にはこんな感じでした!

ビルメンから転職した異業種って?

放送局の技術職として採用されました。第一級陸上無線技術士の資格とビルメン時代の監視・障害対応の経験が役に立ちました!

また、趣味レベルではあるもののネットワークや情報セキュリティ、プログラミングについて学んでいて情報処理安全確保支援士試験に合格していることを面接時に話したところ、逆にいろいろ質問して頂けたので、この点もプラスになったと考えています。

休日数は年間125日+有給、残業ほぼ無しで1年目の年収がビルメン時代の 1.7~1.8 倍というホワイト企業に転職することができました。

僕がビルメンから異業種に転職する際に利用したサービスなどは「ビルメン転職を成功させたい方が利用すべき無料サービスを紹介!」と「ビルメンから異業種への転職で評価される資格と成功のポイント」にまとめていますのでよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

こんな感じ

本ブログに掲載している資格試験・検定試験、ビルメン業界の情報はトップページにまとめていますので、よろしければご覧ください!