クレカで支払ってるの?Amazonの支払いはギフト券が一番お得な理由はこれだ!

Amazon

こんにちは!ビルメン米造です。

皆さんそれぞれお気に入りの通販サイトがあると思いますが、その中でも、日本国内でのユーザ数が4,000万人を突破したAmazonを愛用しているユーザは多いのではないでしょうか。

「アマゾン」「楽天市場」が約4000万人で拮抗、「Yahoo!ショッピング」は2645万人

かくいう僕もAmazonのヘビーユーザで、洗剤やティッシュなどの日用品から東京西川のマットレスまで、ありとあらゆるモノ(*)をAmazonで購入しています!

(*)当然ながら、Amazonが最安の場合に限ります。ポイント還元のために無理やりAmazonを使うような馬鹿なマネはしません!

【口コミ】西川エアー01を購入して1ヶ月経過したので使用感をレビューする!
こんにちは!ビルメン米造です。 東京西川のマットレス「エアー01」を購入してから1ヶ月以上が経過しました! 西川マットレスのネット上の口コミを見ていると、「入眠が早くなった・改善した」「首・肩・背中・腰の痛みが軽減した」...

2018年1月~10月の10ヶ月間のAmazon利用状況を調べてみると、注文数は80を超え、合計約25万円分の買い物をしていました。自分でも驚きです!

日用品を通販で買う方は少ないかもしれませんが、近所のドラッグストアなどで買うよりもAmazonの定期おトク便を利用したほうが安くて便利なんですよね!

今回は、そんなAmazonヘビーユーザの僕が実践している、Amazonの支払いにクレジットカードを使用するより還元率が高くなるおトクな支払い方法を紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonギフト券はチャージ金額に応じてポイントが貰える!

Amazonギフト券(チャージタイプ)は、残高をチャージする度にその金額に応じて最大2.5%のAmazonポイントが貰えます!

Amazonポイントとは、Amazonの支払いに1ポイント=1円として利用できるポイントです。

チャージ金額と貰えるポイントは以下の通りです。

※画像:Amazonギフト券公式ページより

一度に9万円以上チャージするとプライム会員なら2.5%分のポイントが還元されるということですね!

それでは、クレカ払いと比べてどれだけおトクなのか見ていきましょう!

※9万円以上をチャージすれば最大還元率の2.5%のポイントがもらえますが、本記事内では一部計算を簡単にするために10万円をチャージした前提で話を進めている箇所があります。

クレカ払いのポイント還元率はせいぜい1%程度

ここでちょっと思い出してほしいのですが、皆さんが利用しているクレジットカードの還元率は何パーセントでしょうか?

多くの方が利用しているクレジットカードの還元率は1%前後ではないでしょうか。

たとえば、簡単に発行できて高還元率だと人気のリクルートカードの還元率は1.2%ですので、合計10万円分をリクルートカードで支払った場合、還元されるポイントは1,200ポイントです。

還元率が1.0%のクレジットカードだと、たったの1,000ポイントしか還元されません。

ところが、あらかじめAmazonギフト券に10万円分をチャージすれば、2,500円分のAmazonポイントが貰えるのです!(プライム会員の場合)

どうしてもクレカ利用で貯まるポイントを貯めたいという場合は別ですが、ちょくちょくAmazonを利用する方なら、ギフト券にあらかじめチャージしておいて2.5%分のポイントを貰ったほうがおトクだと思いませんか?

スポンサーリンク

Amazonギフト券の有効期限はめちゃくちゃ長い!

Amazonで年間に9万円も使わないよ!」という声が聞こえてきそうですが、安心してください。

チャージしたAmazonギフト券の残高は10年間有効です!

Google検索などで「Amazon ギフト券 有効期限」などと検索すると、「Amazonギフト券の有効期限は種類によって1年~3年」と書いてあるブログがヒットすることがありますが、古い情報なので注意しましょう。

2017年4月24日以降に購入したAmazonギフト券の有効期限は10年です。以下の公式ページから確認できます。

チャージタイプ Amazonギフト券 よくある質問

1年間では9万円も使わないとしても、10年あれば流石に使い切るのではないでしょうか!

銀行にお金を預けておいても増えないよ!

銀行に10万円を1年間預けたとして、いくら利息が貰えるでしょうか?

多くの銀行の普通預金の金利は年利0.001%ですので、計算するのもバカらしくなるような利息しかもらえませんよね。無いに等しい。

一方、この記事でご紹介したように、Amazonギフト券に残高をチャージすれば2.5%もポイントを貰えるのです!

これは、日常的にAmazonで買い物をする僕にとっては、お金を減らすリスクのない100%確実にトクをする投資のようなものです。

使う予定のお金を10万円先払いしておけば、2,500円も余分に貰えるのですから!

毎月カツカツで生活していて余裕資金が全く無いという方は別ですが、銀行に自由に動かせるお金を眠らせていて、通販にAmazonを利用する方は、Amazonギフト券にあらかじめ残高をチャージしてポイントを受け取るこの方法を是非試してみてください!

お水やコーヒー、赤ちゃんのオムツなど、定期的に必要だけれど買いに行くのが面倒な商品をAmazonで買い込むという方にもお勧めです!

もちろん、Amazonギフト券Amazon定期おトク便の支払いにも使えますよ!

Amazon公式サイト ギフト券(チャージタイプ)の詳細を見る

注意!ポイント付与の特典はクレカ払いでは適用されません!

最後に重要な注意点です。

Amazonギフト券に残高をチャージする際の支払い方法は以下の5つの中から選択できます。

  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い

残高チャージにクレジットカード払いを使用することはできるのですが、最大2.5%のポイントが付与される特典の対象外となってしまうので注意しましょう!

おトク情報を発信するブログの中には「Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入にクレジットカードは利用できない」と書いてあるブログがありますが、これは誤りで、正しくは前述したように「クレジットカードで支払うことは可能だが、最大2.5%のポイントが付与される特典の対象外となってしまう」のです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の公式ページにもきちんとその旨が書かれています。

※画像:2018年11月7日現在のAmazonギフト券(チャージタイプ)の公式ページより

よって、「クレカ払いできるじゃん!Amazonポイントクレカのポイント2重にゲットだぜ!」ということは通常はできませんので注意しましょう!

また、この他にもポイントが付与されるための条件などが定められていますので、必ず公式ページの「利用細則」を確認しましょう!

記事の趣旨としてはこれで終わりですが…

本記事の趣旨である、Amazonでのお買い物の支払いにクレジットカードを使用するより、あらかじめAmazonギフト券にチャージして支払ったほうがおトクですよ!ということは説明できたので記事としてはこれで終わりなのですが、実は間接的にクレカでAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入してAmazonポイントとクレカのポイントを2重に貰う方法が存在します!

先ほど書いた通り、本来はAmazonギフト券のチャージにクレジットカード払いを利用した場合、ポイント付与特典の対象外となってしまいます。

例えば、10万円分のAmazonギフト券をチャージするためにポイント還元率1.2%のリクルートカードを利用して、Amazonポイント2,500円分(2.5%)クレカのポイント1,200円分(1.2%)を2重にゲットすることは通常はできないということです。この場合はAmazonポイントが貰えません。

しかし、ある方法を利用すれば、結果的に上記の例のようにAmazonポイントクレカのポイント2重にゲットすることが可能になるのです!上記の例なら合計3.7%も還元されるわけです!

準備しないといけないモノなどがありちょっと面倒なのですが、これから先の人生でAmazonを利用し続けることを考えると、常に3.7%還元というのは馬鹿にできないものです!

以下の記事でその方法を紹介していますので、興味がある方はぜひご覧ください!

Amazonギフト券のチャージにクレジットカードを利用してポイントを2重に貰う方法!

Amazonギフト券のチャージにクレジットカードを利用してポイントを2重に貰う方法!
Amazonポイントが貰えるAmazonギフト券にチャージして支払ったほうがおトクなのです!本記事ではその理由を紹介していきます!