新4K/8K衛星放送で何が変わる?新4K放送は4K対応テレビだけでは観られない可能性大!?

テレビ(4K/8K・BS/CS)

こんにちは!ビルメン米造です。

いよいよ2018年12月1日から新4K/8K衛星放送が始まりますね!

2011年の地デジ化とは違い、対応しないと何かが見られなくなるというものではないので、現時点での世間の反応はなかなか薄いようです。

4K「ぜひ視聴したい」12%…認知度高まらず Yahoo!ニュース

家電業界や放送業界が「2020年東京オリンピックを4Kで楽しもう!」という売り文句で4K対応テレビを売り出していますので、東京オリンピック開催に近づくにつれて新4K/8K放送への関心も徐々に高まってくることでしょう。

そんな新4K/8K放送ですが、世間での認知度の低さからうかがえるように、具体的に何がどうなるのかご存知でない方が多いと思います。

いま4K対応テレビを持っていても、4K対応テレビだけでは新4K放送は観られない可能性が高いという問題も全く報道されていないため、新4K放送が開始されたら観られるものだと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新4K/8K放送が開始されたら今までとどう変わるのか4K対応テレビを持っているのに新4K放送が観られない問題とは何か?という疑問に対して情報をまとめてみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新4K/8K放送で始まること・変わること・注意点まとめ

民放とNHK、その他有料チャンネルの4K/8K放送が始まる!

もう随分前から家電業界では「4K放送が始まるぞ!4K対応テレビ発売!」などと4Kを売りにしてきましたので、4K対応テレビを購入した方の中には既に4K放送を観ている気分の方もいるかもしれません。

2018年11月30日以前では、一部の有料チャンネルは既に4K放送が実施されているので「4K放送を観ている」という認識で正しいのですが、民放やNHKのチャンネルについては地上波も衛星放送(BS)も2Kで放送されていますので、「4K対応テレビで2K放送を観ている」という状況でした。

2018年12月1日からは、民放やNHKのチャンネルを含む衛星放送(BS/CS)において2K放送に加えて4K/8K放送も開始されるため、民放やNHKのチャンネルについても「4K放送を観ている」と言える状況が整うというわけです!

具体的には、次の表に挙げる民放キー局(日テレを除く)とNHK、スカパー等有料チャンネルの4K/8K放送が始まります!

会社名チャンネル名無料/有料
(株)ビーエス朝日BS朝日無料
(株)BSテレビ東京BSテレ東無料
(株)BS-TBSBS-TBS 4K無料
(株)ビーエスフジBSフジ無料
 日本放送協会(NHK)NHK SHV 4K無料
 日本放送協会(NHK) ※8KNHK SHV 8K無料
 SCサテライト放送(株)ショップチャンネル無料
(株)QVCサテライトQVC無料
(株)東北新社メディアサービス映画エンタテインメントチャンネル有料
(株)スカパー・エンターテイメントスカチャン4K 1~8有料

※BS日本(BS日テレ)の4K放送開始予定は2019年12月1日から

※WOWOWの4K放送開始予定は2020年12月1日から

このうち8Kに対応しているのはNHKだけですし、8K対応テレビが全く普及していない現状ですので、新4Kの部分だけ意識すれば良いと思います。

本記事内でも、ここからは新4Kについて取り上げていきます。

4K放送ってなに?今までとどう違うの?

ひとことで言うと、4K放送は映像が綺麗になります。

4K映像について解説しているサイトは無数にありますので、ここでの説明は割愛します。

だいたいどのサイトも書いていることは同じです。

画素数が向上してよりきめ細かい映像になるよ、HDR(ハイダミックレンジ)という技術の採用で明暗くっきり・色彩表現が豊かになるよ、30fpsインターレースから60fpsプログレッシブになるのでヌルヌル動くよ!という感じです。

新4K放送が開始したら衛星放送(BS/CS)の2K放送は終了するの?

2018年12月1日から新4K/8K放送が開始しても、2K放送は終了しません。

4K放送に対応した受信機器をお持ちでない場合は、今までと同じように2K放送を視聴できます。

4K対応テレビを持っていても、新4K放送を観られない可能性がある

この記事で本当にお伝えしたいことはここからです。

新4K放送が開始すると、衛星放送(BS)の受信環境が整っている場合は、受信機器が対応していれば、特に何もせずとも民放やNHKの4K放送が観られます。

この「受信機器が対応していれば」というのが今回一番やっかいな問題なのです…。

「ウチは4K対応テレビだから4K放送が観られるでしょ?」と思っている貴方、おそらくそのままでは4K放送は観られません

「4K対応テレビ」と一言で言っても、「4Kチューナを内蔵しているテレビ」と「4Kチューナを内蔵していないテレビ」があります。

そして、「4Kチューナを内蔵しているテレビ」が販売され始めたのはごく最近の2018年6月頃からですので、それ以前に購入した4K対応テレビには4Kチューナが内蔵されていない可能性が高いです。

その場合、外付けの4Kチューナを取り付けることで新4K放送が観られるようになります。

2011年の地デジ化の頃に、アナログテレビに地デジチューナを取り付けて観られるようにしたのと同じ感覚です。

じゃあ4K対応テレビっていったい何なんだよ!ということになりますが、「4K画質に対応したテレビ」ということなんですね。

借りてきた4K画質の映画を再生したり、4K画質対応のゲームをプレイしたり、Netflixなどインターネット経由で4K動画を観る際には、4K画質を表現できるので綺麗に観えますよ、ということです。

4K画質対応ディスプレイや4K画質対応モニタと呼んでいれば、多少は誤解されずに済んだかもしれませんね。余談でした。

新4K放送を観るために必要な受信機器などの詳細については、書き始めると長くなりますので別記事で詳しく説明しています。ご興味がおありでしたら是非ご覧ください!

→ 4K対応テレビなのに観られない!?新4K放送を観るために必要な受信機器まとめ!(執筆中)

スポンサーリンク

地上デジタル放送(地上波)が2K(フルハイビジョン)なのは変わらない!

こちらも重要です。

2018年12月1日からの新4K/8K衛星放送開始で2Kから4K/8Kに変わるのは、衛星放送(BSとCS)だけです。

地上デジタル放送(地デジ、地上波)の電波は従来の2K(フルハイビジョン)のままで何も変わりません。

使っているテレビが4K対応テレビでも、地デジ(地上波)を視聴している限り、観ているのは2K放送です。

家電・放送業界では「2020年東京オリンピックを4K画質で!」なんて言っていますが、地デジ(地上波)が4Kに対応する予定は無いので、地デジ(地上波)を視聴している限りは、オリンピックも2K放送で観ることになります。

東京オリンピックを4K画質で観たい場合は、衛星放送(BS)を受信するための受信機器を一式揃える必要があります。

BSやCSのような衛星放送は全て有料だと思っている方がいらっしゃると思いますが、本記事内の表にも記載のある通り、民放やNHKのチャンネルは受信環境さえ整っていれば無料で視聴することができます。

こちらについても、詳細は別記事で説明していますのでよろしければご覧ください。

→ 4K対応テレビなのに観られない!?新4K放送を観るために必要な受信機器まとめ!(執筆中)

おわりに

個人的には、新4K/8K放送開始が間近に迫っているのにメディアが全く報道せず、家電量販店でもほとんど周知されず、結果的に認知度がここまで低いことに関しては作為的なものがあるのかと勘ぐってしまいます。

というのは、「4K対応テレビを持っているにも関わらず、その多くは新たに機器(4Kチューナー)を購入しないと新4K放送を観られない」という点を隠したいのではないかと考えてしまうからです。

4K4Kと言い始めた頃からこの事実が知られていたら、4Kチューナが内蔵されていない4K対応テレビの売れ行きも確実に落ちていたでしょう。

家電業界も放送業界もやり方が汚い、詐欺だとまで言われかねない問題だと思います。

もっとも、テレビ離れが進んでいると言われる昨今では一部でしか過熱しない問題なのかもしれませんが…。

それに、地デジ(地上波)の2K放送を4K対応テレビで観るだけでも、従来のフルハイビジョンテレビで観るより綺麗に見えるので、これで十分という方も多いのでしょう。

いずれにしても、今回の新4K/8K放送開始のような、ある大きな転換点においては、調べれば調べるほど国や業界・団体の思惑が絡み合う構図が見えてくるのは仕方ないのかもしれません。

正しい情報を取捨選択して、聞こえの良い言葉だけに惑わされないようにしたいですね!

本記事が誰かのお役に立ち、新4K放送を楽しめる方が増えれば幸いです!